『書店繁盛記』 田口久美子 ポプラ文庫

 リブロの黄金時代を築いた伝説の書店員が、ジュンク堂に移ってからの日々を書いたエッセイ。(リブロ時代は『書店風雲録』/ちくま文庫に収録)
 棚の構成は担当書店員の“編集センス”そのものの現れなのだ!という事や、それまで売れなかった本が棚の構成次第で息を吹き返す様子だとか、どこの本屋も同じだろうと思っている人にはぜひ一度読んでもらいたい一冊。本が好きな人ほど愉しさが増すのではないかと思う。ある商品(本)に関して、それを必要としている人の眼に如何に的確にふれさせるか?が売り上げに直結する実例など、ビジネス書的な読み方もできる。どこかの会社の手抜き営業マンに一度読ませたいくらい。(笑)
 リアル書店の行く末への不安やクレーマーとの戦いなど、決して良いことばかり書いてあるわけではないが、本を愛する気持ちがひしひしと伝わってきて共感できる。良い本だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

舞狂小鬼

Author:舞狂小鬼
サラリーマンオヤジです。本から雑誌、はては新聞・電車の広告まで、活字と名がつけば何でも読む活字中毒です。息をするように本を読んで、会話するように文を書きたい。

最新トラックバック
FC2カウンター
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR