My Choice/2016年印象に残った本

 2016年は親の介護やら何やらで本が読めない時期が続き、結局98冊に終わった。100冊を切ったのは何年振りだろう。2017年は落ち着いて好きな本が読める年でありたい。では毎年恒例としているように、今年読んだ本の中から「印象に残った本」を挙げてみよう。今年は新刊を追いかけるだけで必死だったので既刊本があまり多くなかった。

<新刊部門> ―今年出版された本―
『ウィスキー&ジョーキンズ』 ロード・ダンセイニ 国書刊行会
 訳者の中野善夫氏がダンセイニ卿の代表作のひとつであるジョーキンズ・シリーズの中から選りすぐった傑作集。様々なタイプの物語が収録されているが、副題に「ダンセイニの幻想法螺話」とあるようにいずれも軽妙な語り口が魅力だ。個人的には「一族の友人」「ジョーキンズ、馬を走らせる」「奇妙な島」「夢の響き」など、幻想の薫りが立ち上るような作品が特に好き。

『家事の政治学』 柏木博 岩波現代文庫
 近代の歴史における家事労働の変遷を通じて、「家事労働の科学」であるところの家政学をミクロポリティックス(=家庭を国家の礎たる一単位として捉えなおすこと)の視点から考察した本。家事労働が一戸の家庭で完結するのでなく、その時代に即した社会構造やサービス商品として市場原理に組み込まれていく様子など、いままで考えたことも無い切り口が面白い。

『奥の部屋』ロバート・エイクマン ちくま文庫
 今木渉/編訳の怪奇小説集で、元本は国書刊行会から「魔法の本棚」の叢書の一冊として刊行されたもの。文庫化にあたり「何と冷たい小さな君の手よ」と「スタア来臨」が新たに追加されている。漠然とした不安を示すことでその先に待つ恐怖を暗示する不思議な作風が特長。どれも面白かったが、自分の趣味に最も合うのは「髪を束ねて」と表題作の「奥の部屋」あたりだろうか。「学友」と「恍惚」は自分の意志ではどうにもならない状況が本書の中でもかなり怖い。「名前がなければそれは正体が判らぬ恐ろしい怪物だが、名付けられた途端に一頭のライオンでしかなくなる」という言葉があるが、本書で描かれる怪異は、読む者の安易な解釈を拒み、まさしく名付けられる前のライオンにあたるだろう。その意味ではエイクマンの作品は怪奇小説として理想的なものなのかも知れない。

『神の聖なる天使たち』横山茂雄 研究社
 16世紀イギリスを代表する偉大な学者ジョン・ディーが晩年に没頭した精霊召喚と錬金術の足跡を辿り、天界との交信記録『精霊日誌』を軸に召喚術の実態を克明につづった本。著者は稲生平太郎の名で『何かが空を飛んでいる』というオカルト研究本の傑作もだしている人物で、こちらは本業の英文学研究の一環として、2009年より国立情報学研究所から助成金をもらって行った研究成果を本にしたもの。

『女の子は本当にピンクが好きなのか』堀越英美 Pヴァイン
 アメリカの女子向け玩具の変遷やプリキュア等のテレビアニメ、あるいは「ダサピンク」といったキーワードを通じて、世界と日本における女性の主体と社会性の問題に想いを馳せる本。テーマは重いが語り口はあくまで軽く、これまで知らなかったことが頭に入ってくるのがとても愉しい。ここでいうピンクとは女性を象徴する色であり性的役割区分を可視化したものと言ってよいのかもしれない。

『人形の文化史』 香川檀/編 水声社
 8名の論客による、人形を巡る様々な文化や思想を論じた文章を収めた本。人形の持つ象徴性のルーツや幻想文学における人形の持つ意味、そして第二次大戦(人が人形にされた時代)前後の芸術における人形など社会学や文化人類学的なアプローチによって書かれた文章はどれも読み応えがあって、四谷シモン氏など人形作家へのインタビューも付いていてかなりお買い得だ。ちょっと値段は張るが人形のもつ象徴性などに興味がある方にはお薦めだと思う。

『風狂 虎の巻』由良君美 青土社
 物故した英文学の泰斗の評論集が新装版となって33年ぶりに復刊された。射程範囲の広い著者ではあるが、本書はその中でも「風狂」をキーワードとして著者の古今東西の絵画・文学・詩歌についての文章をまとめたものとなっている。歯に衣着せぬ物言いがいつものことながら如何にも著者らしく痛快だ。なお本書では本業の英文学ばかりでなく著者の国文学への深い造詣もうかがわせる。幻想文学系の文章では日本のカルティズムについて語ったものも面白いが、なにしろ四篇に及ぶ夢野久作の作家論が圧巻といえるだろう。坂口安吾や三篇の大泉黒石に関する文章もまた面白い。

『はじめての短歌』穂村弘 河出文庫
 初めて読んだ短歌の初心者向け解説書。実例をもちいて、散文と違った論理で作られる短歌のポイントについてとても解りやすく説明してくれている。情報を減らし価値を日常から反転することが短歌としての価値を高めるという指摘は目から鱗だった。「生きる」、「役に立つ」よりは「役に立たない」を言葉にするための方法というのが素晴らしい。読んでみてふっと肩の力が抜けた。

『自生の夢』飛浩隆 河出書房新社
 〈廃園の天使〉シリーズの作者による過去10年に亘る精華を示す短篇集。

<既刊部門> ―古本・絶版とりまぜて今年自分が読んだ本―
『あめだま』田辺青蛙 青土社
 異形の者たちを語り手にした掌篇が詰まった作品集。ぬめぬめとした肌触りの異形の日常がぎっしりで、恐ろしくも美しかったり可笑しかったりして、稲垣足穂『一千一秒物語』の皮をくるりと裏返しにしたようなコント集になっている。身辺の話が多いが内田百閒とは違い不安で湿ったりせず、あっけらかんとしている。こういう感触の作品はありそうで無い。

『こちらあみ子』今村夏子著 ちくま文庫
 語られない者、あるいは見えないものが読む人のこころをえぐり声なき声で雄弁に語りかけてくる作品集。三島由紀夫賞を受賞した表題作と「ピクニック」の他、書下ろしの「チズさん」というの3つの短篇が収録されている。ただし問題は読者が耐えられるかどうかだ。読む人の強さを試される本ともいえるだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

舞狂小鬼

Author:舞狂小鬼
サラリーマンオヤジです。本から雑誌、はては新聞・電車の広告まで、活字と名がつけば何でも読む活字中毒です。息をするように本を読んで、会話するように文を書きたい。

最新トラックバック
FC2カウンター
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR