2016年12月の読了本

 2016年最後の月はせっかくの連休を風邪で寝込んでしまったのだが、そのおかげで却って本を読むことが出来た。なかなか時間が取れないので、なるべく良い本を読みたいものであるね。

『あひる』今村夏子 書肆侃侃房
 三島由紀夫賞を受賞したデビュー作『こちらあみ子』(ちくま文庫)以来となる待望の作品集。文学ムック『たべるのがおそいvol.1』に掲載されたのち芥川賞候補となった表題作に、書下ろし短篇の「おばあちゃんの家」と「森の兄弟」が収録されている。不安に満ちた物語は背景が見えてくるにつれどんどん怖くなっていくが、最後に至ってふいに安定を取り戻すのが如何にも著者らしい。「再生」といったものとはまた違うのだろうが、不安定な暮らしが破綻の予兆を孕みつつそのままの姿で安定化する。とても興味深くて読むほどにやみつきになる物語だ。書下ろしの二篇も同じ世界を違う側面から描いていて面白かった。

『ゴッド・ガン』バリントン・J・ベイリー ハヤカワ文庫
 初期から晩年まで多彩な作風を味わえる日本オリジナル短篇集。表題作をはじめいかにも著者らしい作品もあるが、なかには「ロモー博士の島」や「ブレイン・レース」、「蟹は試してみなきゃいけない」といったかなりアクの強い作品も収録されている。ベイリーはこんな話も書くのかと驚きつつ愉しめた。奇想ばかりでなく悪趣味なところも彼の持ち味だったのを思い出した。
 とはいいつつ、もちろん「空間の海に帆をかける船」みたいなのも大好き。久しぶりに読んだのだが、記憶に違わずとんでもないデタラメぶり。つづく「死の船」も、よく分からない時間理論で読む者を煙に巻いてたいへん好かった。彼の奇想系の作品は、おかしな科学理論が素のままでゴロンと転がされている感じ。「地底戦艦〈インタースティス〉」なんて物語にすらなってないが、まさにこれこそが自分の好きなベイリーらしさなのだ。堪らないなあ。ふと思ったのだが、もしかしたらベイリーが時間テーマを好んで取り上げる理由は、誰も本当のところが解らないので好き勝手に書けるからだという気がしないでもない。(笑)「災厄の船」と「邪悪の種子」力作二篇もかなり気に入ったし、ほんと、楽しいという以外に言葉が無い。

『波瀾』塚本邦雄 花曜社
 歌集はこれまで縁がなかったのだが、ツイッターでお薦めされていた歌人の作品集が本屋にあったので読んでみた。詠われた内容が本当のことか創作なのかは作品を読んだだけでは判らないが、読み進むうちにひとりの人の存在が心の中に浮かび上がってくるようで面白い体験だった。会ったことも無い人と何度か言葉をかわすうち、徐々にその人となりが見えてくることころなどは、ツイッターにも似た感じがある。自分にとって短歌の親和性は高いようだ。印象に残った歌をいくつか挙げておこう。
 「夢想國師の戀歌一首舌の上(へ)にありて八方きらめく秋風」
 「死のかたちさまざまなればわれならば櫻桃を衣嚢(ポケット)に満たしめて」
 「夏終わるべし夜の水に沒しつつある形代(かたしろ)のするどき肩」
 「今生のよろこびの萬分の一浴槽(ゆぶね)の菖蒲向腿(むかもも)を刺す」

『自生の夢』飛浩隆 河出書房新社
 〈廃園の天使〉シリーズや短篇集『象られた力』など寡作ではあるがことごとくが傑作ばかりの作者による、過去10年に亘る精華を示す。ウィリアム・ギブスン(『ニューロマンサー』等)とはまた違った形の、電子空間を舞台としたイマジネーション豊かな物語が披露され、残酷ではあるが美しいその描写は、一種独特の魅力に満ちている。収録された短篇は発表年代も内容もさまざまだが、あえて共通するキーワードを探すとすれば「メタモルフォーゼ」と「侵食」といったところだろうか。著者自身があとがきで述べているところによれば表題作「自生の夢」は水見陵氏の連作〈マインド・イーター・シリーズ〉の代表作「野生の夢」に触発されたとのことで、本作をはじめとして夢や詩想/思想の極限まで踏み込んだアリス・ウォンを巡る連作はどれも美しい。星雲賞受賞の「海の指」は諸星大二郎氏の作品にも似たカタルシスでもちろん素晴らしいのだが、自分としては最初に著者に惚れ込むきっかけとなった『グラン・ヴァカンス』にもつながるこの〈忌字禍(イマジカ)〉の作品群が嬉しかった。仮想空間で繰り広げられる、冷たく渇いた鉱石のような幻想こそが、まさに著者の真骨頂であったのだ。

『シャボテン幻想』龍膽寺雄 ちくま文庫
 サボテンなど多肉植物を愛する著者が語る様々なその生態と魅力。人類と同じ頃に生まれたとされる植物の不思議が面白い。原著は1974年に出たとのことで「感情を動かす植物(?)」の章などはいささか古めかしい感じも否めないが、砂漠で自ら空気から水を作る『黒王丸』や体を地下に隠して透明なレンズ状の天窓だけを地表に出すメセン類といった、奇妙な生態をもつサボテンの話を読んでいるとわくわくしてくる。南米で珍重されたという幻覚を引き起こす魔性の植物 「Lophophora wilgamsii(『烏羽玉』)」とスペイン人のコルテスに滅ぼされたアステカの章も面白くて、なんとなく『第三の魔弾』を連想した。生えている場所を徐々に移していくサボテンというのもあり、「匐(は)いまわる悪魔」や「跳ねまわるシャボテン」とも呼ばれているらしい。実は著者のサボテン愛好は文壇における自らの不遇を、曠野で孤独に生えるサボテンに重ねているようなところもあるようなのだが、語り口はあくまでもマイルドだ。

『妻が椎茸だったころ』中島京子 講談社文庫
 泉鏡花文学賞受賞作。捉えどころのない不思議な感じのする話が5篇収録されている。筒井康隆で言えば「遠い座敷」や「ヨッパ谷への降下」のようなタイプの話だが、あれほどこわくも激しくもなく、起伏に富んでいるわけでもない。淡々と進んでいく話がとても心地よい。個人的な好みは表題作や「ハクビシンを飼う」あたりかな。

『メフィストの漫画』喜国雅彦×国樹由香 講談社文庫
 ミステリ専門誌メフィストで連載された本格ミステリのパロディ漫画「ミステリに至る病」と、ミステリ作家のお宅のペット訪問記「あにまる探偵団」を中心に、90年代後半の熱い本格ミステリの空気が蘇る作品集。こういう雰囲気は好きだ。同じコンビによる『本格力』も買ってあるのでそのうち読まなければ。

『角砂糖の日』山尾悠子 LIBRARIE6
 幻想小説家による短歌集が待望の復刊をとげた。一読すると著者の散文作品に共通する幻想の薫りが立ち昇る。硬質な筆致がとても自分好み。
 「昏れゆく市街(まち)に鷹を放てば紅玉の夜の果てまで水脈(みを)たちのぼれ」
 「曠野の地平をさびしき巨人のゆくを視つ影うすきかな夕星(ゆふづつ)透かし」

『チーズの科学』齋藤忠夫 講談社ブルーバックス
 原料である牛などの乳から加工と熟成を経て完成する様々なチーズについて、その種類や組成、機能を化学反応の視点で解説した文字通りの「チーズの科学」の本。乳酸菌やカビ菌の働きはもちろん、成分のカゼインが生むチーズ独特の性質など知っているようで知らないことは多い。読んでいるうちにチーズが無性に食べたくなるのが難。

『迷宮1000』ヤン・ヴァイス 創元推理文庫
 千階建ての巨大な館に君臨する全知全能の支配者オヒスファー・ミューラー。彼に敢然と立ち向かい失踪したタマーラ姫を助けんと館に赴くは、驚異の姿なき探偵ピーター・ブローク。マーヴィン・ピークのゴーメンガースト城か『神曲』の地獄巡りを思わせるようなノンストップ小説が久々に復刊された。学生時代から久方ぶりの再読だったのだが、以前よりもかなり楽しめた気がする。当時は唖然としてしまったラストも今回はさほど唐突には感じなかったし。(その後、久生十蘭などで“修行”を積んだからだろうか。/笑)

『みちのくの人形たち』深沢七郎 中公文庫
 著者の後期の代表作となる、谷崎潤一郎賞を受賞した短篇集。この人の話はどれも生が死の陰画として描かれているところがあって、巧く心に嵌ると底知れぬ凄味が味わえる。作品はどれも粒よりで、収録された七篇のうち甲乙つけがたいのが五つ。作品集としては『楢山節考』よりも上ではないだろうか。(特に気に入ったのは表題作の「みちのくの人形たち」に「秘戯」、そして「『破れ草子』に拠るレポート」に「和人のユーカラ」と「いろひめの水」。)「和人のユーカラ」では開高健の「渚にて」に出てきた自由人を思い出した。飄々として尚且つ昏い。ところで表紙がやけに味のものだったので、よくよくみたら谷中安規の版画が使われていた。まさに作品に合ったカバー画で、これもまた気に入った。とても良い作品集だった。

『椰子・椰子』川上弘美/山口マオ 新潮文庫
 川上弘美氏が自身のみた夢を書き綴った文章に、山口マオ氏が不思議な感じのする挿絵を付けた作品集。解説で南伸坊氏も書いているが、内田百閒にも似た感じがある。(内田百閒から不気味さだけを抜いたような感じか。)どことなく漂うとぼけた味わいは、著者の他の幻想系作品に共通するものこも知れない。

『妄想と強迫』エドゥアール・デュジャルダン 彩流社
 19世紀フランスを舞台にした十三篇の心理小説のショーケース。副題に「フランス世紀末短編集」とあるから、どんなにか頽廃的な内容かと思ったが、そんなでもない。神秘的なものから犯罪的なものまで、様々に揺れ動く世紀末の人々の心理が示される。思ったより幻想色は強くなかった。ブラックウッド的な「ダーラナ」や「降霊術者」、ルヴェルのような「子への恐怖」、そしてホフマンにも似た「鉄の処女」にポーを思わせる「遺言」まで。読者に信仰と科学の選択を突きつけ書中の最高作と思しき「地獄」も含め、なるほどこれが世紀末ヨーロッパかと思わせて面白い。19世紀のフランスに暮らす人々の妄念は、そのまま今の我々の喜びや悲しみにもつながるものなのだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

舞狂小鬼

Author:舞狂小鬼
サラリーマンオヤジです。本から雑誌、はては新聞・電車の広告まで、活字と名がつけば何でも読む活字中毒です。息をするように本を読んで、会話するように文を書きたい。

最新トラックバック
FC2カウンター
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR