『死の鳥』ハーラン・エリスン ハヤカワ文庫

※『死の鳥』収録作品の内容に触れていますので、未読の方はご注意ください。

 伝説的な作家ハーラン・エリスンによる、長年待ちに待った新しい短篇集だ。学生時代に『世界の中心で愛を叫んだけもの』(1973年にハヤカワSFシリーズから刊行、79年に文庫化)を読んで以来、各種アンソロジーや傑作選でときおり目にすることはあっても、このようにまとまった形で読むのは本当に久しぶり。しかも全篇が本邦へのエリスン紹介の第一人者である伊藤典夫氏訳による日本オリジナル編集とあって、まるでハーラン・エリスン傑作集の趣きさえある。収録された10の短篇はどれも粒よりのものばかりだ。
 彼の作風を評して「ウルトラヴァイオレンス」という形容があるが、たしかに彼の作品には凄惨な暴力シーンが多く、その手の描写が苦手な人にはちときついかもしれない。しかし虐げられし者たちからの視点による物語はどれも一読の価値があるといえるだろう。彼の作品の多くは「クライム・ノベル」あるいは「ピカレスク・ロマン」の範疇に入るものが多い。そしてそこで描かれる暴力とは、この世界で疎外され虐げられている者たちが感じる「痛み」に他ならないとも思える。

 話は変わるが、エリスンと同様に読むのがつらい作品を書く作家としては、アンナ・カヴァンやジェイムズ・ティプトリィJrなどが挙げられると思う。ただし彼らの暴力性の発露はエリスンも含めそれぞれ違う形を示している気がする。しごく乱暴な言い方をすれば、例えばカヴァンの場合は痛みが語り手自身へと向かい自傷の形を示すのに対して、ティプトリィの場合は語り手が冷徹な記録係に徹することで一切の感情を殺しているようにも見える。ここではあまり深入りすることはしないが、個人的には作者の作家としての根源的な部分に関わるものではないかと思っている。一方でエリスンの場合、語り手が感じる痛みは裏返しとなってそのまま外の世界へとはね返される。ある意味彼の描く暴力は世界に対する異議申し立てであり、その点では極めて政治的な側面を持つともいえるだろう。

 以上、ごちゃごちゃと書いたが、エリスンの小説は物語としてももちろん面白い。アクションはたっぷり、スリラーや謎解きの要素もたっぷりで、流れるような文体と鮮烈なビジュアルイメージは脳裏に強烈な印象を残す。なお凝った文体や作品の複雑な構成、それにアンソロジー『危険なビジョン』の編集といった活動内容からしてエリスンは「ニューウェーブSF作家」の印象が強かったが、今回あらためて題材を見てみると意外とオーソドックスなものが多いので驚いた。本書でも「バットマン」に出てくる悪役ジョーカーのような怪人や切り裂きジャック、クトゥルフを思わせるような邪神にフランケンシュタイン、それに狼男とパルプ小説やホラー映画でおなじみのキャラクターが多く登場する。「ジェフティは五つ」ほどあからさまな作品でなくても、懐古的な視点でみることが可能だろう。このあたりはゼラズニイとも似た部分があるかも知れない。
 作中で主人公たちは自らのアイデンティティをかけて世界への異議申し立て(であるところの暴力)と、救済を求める心の叫びを上げる。しかし彼らの願いが必ずしも叶えられるわけではなく、また彼らもそれを期待しているわけでもない。エリスン作品はそんなところがたまらなく格好いい。そしてだからこそ余計に、作中で示される思いがけぬ「救済」が読むものの心を打つのだ。

 ちなみに本書の中から個人的にベストを選ぶとするなら、「死の鳥」と「北緯38度54分、西経77度0分13秒 ランゲルハンス島沖を漂流中」の二作になるだろうか。とてもどちらか一方に決めることはできそうにない。ざっとお気に入りの作品を挙げていくだけでも半分以上の名前が挙がるわけだし。解説で高橋良平氏が書かれているように、まだまだ訳されていないエリスンの作品は多いので、ぜひ本書をきっかけにして再評価が進み、日本でもさらに多くの作品集が刊行されて欲しいと切に願う。
これからエリスンを読める人は幸いである。

【収録作】
「「悔い改めよ、ハーレクィン!」とチクタクマンはいった」
「竜討つものにまぼろしを」
「おれには口がない、それでもおれは叫ぶ」
「プリティ・マギー・マネー・アイズ」
「世界の縁にたつ都市をさまよう者」
「死の鳥」
「鞭打たれた犬たちのうめき」
「北緯38度54分、西経77度0分13秒 ランゲルハンス島沖を漂流中」
「ジェフティは五つ」
「ソフト・モンキー」

<追記>
 以上が本のレビュー投稿サイト「シミルボン」に投稿した内容である。ひょんなことからシミルボンに投稿することになったので、これからもSF関連の書籍については両方に記事をアップすることになると思う。追記として本書の作品のなかで個人的なベストを選んでみたい。まずは本文中にも書いたように「死の鳥」と「ランゲルハンス島沖を漂流中」が同率首位をキープ。次いで第3位以降は「ソフト・モンキー」「世界の縁にたつ都市をさまよう者」「「悔い改めよ、ハーレクィン!」とチクタクマンはいった」といった順位で続く。(次点は「おれには口がない、それでもおれは叫ぶ」と「鞭打たれた犬たちのうめき」。「鞭打たれた犬...」がファンタジーではなくミステリ系の賞であるエドガー賞を受賞しているのにはちょっと驚いた。ちなみにこの手の話では自分が好きなのは『世界の中心で愛を叫んだけもの』に収録されている「ガラスの小鬼が砕けるように」である。)
 扶桑社版の短篇集『死の鳥』が刊行されなかったのはかえすがえすも残念なことではあるが、もしもその結果として日本オリジナル編集の本書が生まれたと言えるのなら、それはそれで喜ばしいことかもしれない。解説で高橋氏が述べているように、今年は若島正氏の編纂によるエリスンの犯罪小説短篇集が国書刊行会から刊行予定とのこと。まだまだ楽しみは続きそうだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

舞狂小鬼

Author:舞狂小鬼
サラリーマンオヤジです。本から雑誌、はては新聞・電車の広告まで、活字と名がつけば何でも読む活字中毒です。息をするように本を読んで、会話するように文を書きたい。

最新トラックバック
FC2カウンター
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR