『宇宙の戦士〔新訳版〕』ロバート・A・ハインライン ハヤカワ文庫

 矢野徹氏による旧訳版を初めて読んだのは、中学三年生か高校一年生のころだったろうか。本篇に続いて、訳者あとがきやその後の「SFでてくたあ」で繰り広げられたやりとり(石川喬司氏によってまとめられたダイジェスト版)を収録した解説を読み、否応なく「社会正義としての暴力」についての是非を考えさせられた結果として強烈な拒絶反応を起こしたのを思い出した。
 本格的にSFを読み始めたころにはクラーク/アシモフ/ハインラインという所謂“御三家”を全て読んでやろうという野望(笑)に燃えていて、ハインラインも文庫で当時手に入る『人形つかい』や『宇宙の孤児』といった長篇あるいは『月を売った男』のような短篇集を一生懸命追いかけていた。そんな中で出会ったのがこの『宇宙の戦士』だったのだが、正直いってその頃の自分には、この作品が突きつけるものを冷静に受け止め咀嚼するには経験も知識も足りなかったようだ。その後、『悪徳なんかこわくない』や『栄光の道』を読んで小説としての出来にも疑問を感じてからは、『愛に時間を』『獣の数字』といった後期の大作に手を出すことも無くなり、自分にとって“過去のひと”となっていった。
 そんなわけで、なんと今回の内田昌之氏による新訳版で本書を読むのは凡そ45年ぶりになるのではないだろうか。ハインライン自体、たぶん40年以上読んでいないと思う。その途中、テレビアニメのガンダムが本書の「機動歩兵」や「パワードスーツ」に着想を得た「機動戦士」や「モビルスーツ」という言葉を一般に広めたり、SF小説の分野でも「ミリタリーSF」が翻訳されて一定数の読者を開拓したりといったことがあった。なので今回、読書会で課題本に選ばれたのも何かの縁と思って、改めて素直な気持ちで読み返すのも良いかも知れない ―― なんてことを考えながら読んでみた。
 で、結論から先にいうと、作者のあまりにも素朴すぎる倫理観や政治信条が生の形で出ていると思うと、はたしていかがなものかと思うが、小説としては割とよく出来ていて愉しめた。(つまり旧版の訳者あとがきや解説は純粋に作品だけを鑑賞しようと思えば、自分にとっては却って邪魔だということ。)もちろん作中で語られる主人公の考え方や社会背景その他に賛同できるかどうかはまた別の話だが。
 以下、順番に思いつくところを挙げてみよう。
 
 小説としての基本的な構成は同じ著者の『大宇宙の少年』や『宇宙怪獣ラモックス』といったジュブナイルにみられるように、「世間知らずの若者が様々な試練を経て一人前に成長していく」というものだ。物語としてはまさしく王道とも言える作りで、感情移入さえしてしまえば大変に読みやすい。たとえば入隊時には2000人以上いた新兵が過酷な訓練期間を終えるころには180名ほどに減っている。そんな中の“選ばれたひとり”であることの誇り。どんな社会であれその中で一人の成員として認められ、社会的な階層をひとつずつ上っていくというのは気持ちのいいものだ。古くは『のらくろ』的な面白さと云ってもよいし、最近では『島耕作シリーズ』なんていうのもある。異星人とのはらはらする戦闘シーンや仲間たちとのつらい別れといった、波瀾万丈の展開にも事欠かない。そういった点では、その後の冗漫とも言える長篇群に比べて少なくとも小説としての出来は優れているといえるのではないだろうか。
 しかし本書を愉しむ上での問題は別のところにある。思想的な是非はともかくとして、その内容が自分からすると先ほども書いたようにあまりにも素朴すぎて浸れないのだ。小説を構成する部材として考えるのであればそれがどんなに過激なものであっても、(例えば『その女アレックス』や『鉄の夢』のように)愉しむことは出来る。しかし素材を生のままで提供するのであれば、充分に練り込まれたものでなければならないのではないかと自分は考える。
 まず引っかかったのは99ページでズィム軍曹が新兵の質問に答えるシーンの「戦争とは単なる暴力と殺戮ではない。戦争とはある目的を達成するための制御された暴力だ」というもの。これは19世紀にプロイセン王国の軍人カール・フォン・クラウゼヴィッツが書いた『戦争論』における「戦争とは他の手段をもって継続する政治の延長である」という主張となんら変わるものではない。本書が出版された1959年といえば、第二次世界大戦とナチスドイツによる大量殺戮を経験し、かつジュネーヴ協定経て南ベトナム解放戦線が叫ばれるなどベトナム戦争の泥沼へと突入していこうとしていた時代だ。そんな中でクラウゼヴィッツそのものとも思える思想はあまりに単純すぎやしないだろうか。(それともアメリカ国内で吹き荒れたマッカーシズムを始め、当時のアメリカ国内の考え方としては比較的一般的なものだったのだろうか?)
 140ページで主人公のハイスクール時代の恩師であるデュボア元中佐から手紙にあった「人が耐えることのできるもっとも気高い運命とは、愛する故郷と戦争とのはざまにみずからの身体を投げ出すことだ」といった記述や、あるいは146ページの同じくデュボアについての回想で「この世で最高のものは金を超越している。その対価は苦しみであり汗であり献身だ......そして、この世(ライフ)でなによりも貴重なものを得るために必要な対価とは、命(ライフ)そのもの」といった記述は、生きることの目的が倒錯しているような気もする。
 また、軍隊の厳しい規律から逃げ出した唯一の脱走兵が、街に潜伏して幼女を殺害するというのも随分都合のいいエピソードとなっているように思える。(物語の作り方としては効果的で上手いが。)非行少年が生まれるのは幼いころ体罰により倫理(社会ルール)を学ばなかったのが原因であり、しつけのためには年配者からの痛みを伴う指導が不可欠であるといった主張は、ちょっと噴飯ものではある。さらに183ページ「人間には、いかなるものであれ、生まれつきの権利などない」といった記述に至っては恐ろしささえ感じてしまう。ここには社会により徹底して“教育”される公的秩序からみた倫理観という考え方なのだ。子供のころの自分は本書のこういった部分に嫌悪感を感じたのだろう。そしてこれこそが著者の考えであると訳者あとがきで読んで、ハインラインを拒絶するようになっていったのだ。今にしてやっと判る。個人は集団(連邦国家や人類)のために存在しておりその逆ではないという考え方。これこそ石川喬司氏がファシズム的思想と呼んだものであるのだろう。

 ここで書かれている「軍人統治による社会」とは、よく言えば「ノブレス・オブリージュ」つまり社会的地位(≒権力)に伴い責任を自覚したものだけが世界を統治すべきというもので、もしかしたらニーチェがいうところの「超人」に近いものなのかも。そして「自分達を守るために戦う」ということさえ「是」としてしまえば、ここに描かれる社会制度は確かに理想的なものであるのかも知れないのだ。ただし必ずどこかに仮想敵を設けなければならないのと、軍人は常に同じ価値観を共有でき、一生涯に亘って“腐敗”することはないという前提つきなのだが……。その前提さえ許せば、徴兵制ではなく誰にも強制されぬ自発的な入隊であるという点と訓練で不適合になっても社会的なペナルティは一切ないという点で、退役者でなければ市民権が無いというこの社会の仕組みすら公平性が保たれているように見えてくる。まさしく一種の軍事的ユートピア思想だ。(ただやはり自分からすると、この考え方はあまりにもシンプル過ぎるような気がするのではあるが。)
 小説としてこの本を考えた時に宜しくないと思うのは、なんといっても父親との再会シーン。彼の入隊に反対していた父親が、異星人の攻撃で妻(ジョニーの母)を喪ってからは転向して自ら軍に志願したうえ、やがて再開したジョニーに対して過去の過ちを心から詫びるとともに彼を称賛するところなどは、あまりにもあからさまに思えてしまい、小説としてもいただけない。ちょっと稚拙なのだ。

 本書でもうひとつ引っかかった点は、ジェンダー的な見方をした時のいびつさ。本書でも軍隊を舞台にした映画でよくあるように、人間性を徹底的に否定する訓練を施すことで上官の命令に対する絶対服従の意識と連帯感を醸成し、それをもって「男にする」という表現がある。なぜか機動歩兵は全てが男なのだが、一方で攻撃艇のパイロットは全て女性が占めていて、それは性差による適性の違いという説明が一応はある。しかし人間の力を何十倍にも増幅するパワードスーツであれば機動歩兵を女性が出来ない理由など無いだろうし、出撃の直前、つまりこれで最後となるかも知れない時に聞く声が女性のものだと機動歩兵の士気が高まるという記述を読むと、なんだかなあという感じだ。生物学的に男性であるものは無条件で生物学的女性を好むといった前提もそうだ。
 他にも自然放射線により突然変異と生物の進化が引き起こされるという科学的記述はいかにも古い気がするし、人類と交戦する異星人「バグ」の生態に関する記述も不満が残る。異星人の描写は兵隊バグや労働バグ、あるいは女王といった名前とともにいかにもアリを連想させる。一糸乱れぬ統制のとれた行動や非人間的な動きは共産主義を揶揄するものであるだろうが、スタニスワフ・レムの洗礼をうけた身としては地球上の昆虫をそのまま流用したような異星人では少し物足らない。人間には理解さえ及ばない知性の在り方の方がむしろ自然ではないだろうか、とも考えてしまう。
 しかしまあ、これらはすべて発表年代を考えると仕方のないところではあるのだろう。以上、なんだかんだと難癖をつけたような感じになってしまったが、物語としては結構愉しんだのは間違いない。昔の想いが色々と甦ってきたりして、まるで「センチメンタル・ジャーニー」のような読書を味わうことが出来た。昔の作品を年取ってから読み返すのも、新たな発見があったりしてそんなに悪くないかも知れない。(かといっていまさら『悪徳なんかこわくない』や『栄光の道』まで読み返そうとは思わないけどね。/笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

舞狂小鬼

Author:舞狂小鬼
サラリーマンオヤジです。本から雑誌、はては新聞・電車の広告まで、活字と名がつけば何でも読む活字中毒です。息をするように本を読んで、会話するように文を書きたい。

最新トラックバック
FC2カウンター
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR