2016年1月の読了本

今月は年末年始の休みで少し多めに読めたので嬉しい。

『ウィスキー&ジョーキンズ』 ロード・ダンセイニ 国書刊行会
 副題は「ダンセイニの幻想法螺話」となっている。エルフランドとペガーナの語り手たるダンセイニ卿が、軽妙な語り口で記した掌編であるジョーキンズ・シリーズの中から、訳者の中野善夫氏が選りすぐった傑作集だ。にやりとする話やアッと驚く話など、様々なタイプの物語がショーケースのように並べられて飽きさせない。個人的には「一族の友人」「ジョーキンズ、馬を走らせる」「奇妙な島」「夢の響き」などの、幻想の薫りが立ち上るような作品が特に気に入った。しかしまた、ぞくりとくる「スフィンクスの秘密」「リンガムへの道」も好いし、「薄暗い部屋で」と「スルタンと猿とバナナ」のラストの切れ味は抜群。中には「高野聖」を思い起こさせるような作品もある。バラエティに富んでおり滑稽な話も多いので、「ペガーナの神々」など異境の物語でダンセイニに初めて触れた人は少し面食らうかもしれないが、そこはかとなく漂う夢幻の輝きはやはりダンセイニらしい。これこそが、稲垣足穂が「セピア色の村」で表現しようとしたものなのじゃないかとも思えてくる。cocoさんの表紙イラストは、全部の作品を読んでからもう一度みるとどの話か全て判って二度愉しい。

『サロメ』 ワイルド 岩波文庫
 ワイルドの代表的な一幕物の戯曲。エロド王が実兄から奪い取ったエロディアス妃の娘たる王女サロメ。彼女の預言者ヨカナーンに対する禁断の恋を巡る、死と血と頽廃に彩られた悲劇を描く。ビアズレーの耽美な装画18点が良い雰囲気を出している。仏語版はシュオッブが手を入れたとのことだ。福田恒存訳。

『メノン』 プラトン 岩波文庫
 ソクラテスとメノンにより繰り広げられる、「徳(≒善きもの)とは何か?それは教えれられるものであるのか?」という問いに対する探求の書。「知らぬことを想起することにより探究できるのか?」など色々と横道に逸れながらも、弁証法で探ってゆく。「徳は教えられるもの(≒知の一種)ではなく、神の恵みとして自然に人に備わる」といったあたりまでは良いが、肝心の「しかして徳とは何か?」については見事にはぐらかされる(苦笑)。しかしイデア論の萌芽が見られるのは面白い。

『家事の政治学』 柏木博 岩波現代文庫
 家事労働の科学である家政学を、近代の歴史における家事労働の変遷を通じて「ミクロポリティックス(=家庭を国家の礎たる一単位として捉えなおすこと)」の視点から考察した本。家事労働を一戸の家庭で完結させるのでなく、協同住宅を理想とした活動や、家事サービスが「商品」として市場原理に組み込まれていく様子など、いままで考えたことも無い切り口で大変面白かった。

『ゼンデギ』 グレッグ・イーガン ハヤカワ文庫
 近未来のイランを舞台に、バーチャル・リアリティの先にある人工意識の可能性とそれが呼び寄せる倫理問題について、多種多様な価値観と宗教観、そして父子の運命を絡めて描いたSF小説。舞台が近未来で扱われている科学技術も拡張現実という馴染みのあるものなので、他のイーガン作品に比べて理解しやすくはあるが、決して読みやすくはないと思う。カタルシスや安易に飛びつけるような回答もなく、読者を主題に向き合わせる物語だ。物語の先は読者がそれぞれ考えるべきなのだろう。

『暴力の哲学』 酒井隆史 河出文庫
 国家による圧倒的な暴力の行使のメカニズムを読み解き、本来の意味での非暴力/反暴力の重要性を説く。内容としては哲学というよりむしろ社会学や政治学に近いが、色々な示唆に富んでいて刺激的。

『けだものと超けだもの』 サキ 白水uブックス
 日本で独自に編まれた傑作選が多い短編の名手サキだが、これはオリジナル短篇集をそのまま訳しており全部で36篇を収録。題名は「全人類が身心ともにすぐれ完全な社会を作るために必要な活発な生の力」を描いたバーナード・ショウの哲学的戯曲『人と超人』の題名をもじったものとのこと。一癖もふた癖もある登場人物たちが滑稽な人生模様を繰り広げる。本書に先立って同じくuブックスから出た『クローヴィス物語』の主人公クローヴィスも幾つかの作品で活躍するが、個人的にはこまっしゃくれた女の子ヴェラの方がもっと好きかも。「開けっぱなしの窓」「黄昏」「夢みる人」「鉄壁の煙幕」「納戸部屋」あたりが、意地の悪さにキレがあって特に気に入った。

『野球の国のアリス』 北村薫 講談社文庫
 少年少女向けの描き下ろしミステリー叢書であった「ミステリーランド」からの文庫化。宇佐木(うさぎ)さんを追いかけて鏡の世界に入り込んだスポーツ少女アリスが経験する“永遠のひと夏”の思い出を描く。厳密な意味でミステリーかと云えば疑問は残るが、パズル小説としてスポーツ小説として、そして何より子供達への物語の贈り物として秀逸だと思う。面白いから許す。(笑)

『ベーオウルフ』 岩波文庫
 中世イギリスの有名な叙事詩で、北欧を舞台にした勇壮の誉れたかき英雄ベーオウルフの冒険と死を描く。王宮を襲い人を喰らう怪物グレンデル及びその母との一騎打ちと勝利や、晩年の宝を護る龍との死闘は、子供の頃になぜか家に一冊だけあった「少年少女 世界の文学/イギリス編」で読んだ時のわくわくそのままだった。解説によればトールキンが『ベーオウルフ』の評論を書いていたとのことだが、『ホビットの冒険』でスマウグが黄金を護っていたのは、直接的にはこの辺りからの連想なのだろうか?

『被差別のグルメ』 上原善広 新潮新書
 食文化を味と精神性の結晶であるとし、アイヌや北方少数民族、琉球や日本各地の被差別民の文化に今でも残る「ソウルフード」を訪ねたルポルタージュ。内臓料理やソテツ味噌、キピトロ(行者ニンニク)を使った料理など、人々の「魂」に直結する食を紹介する。ある人にとっては二度と食べたくないほど不味いものなのに、その味で育った人には涙が出るほど美味しいというのがソウルフードの本質だろう、という言葉にはハッとさせられた。なるほど「ソウル」とはかように苛烈なものなのだな。食は生き方そのものであり、突き詰めると底無し沼のように奥が深い。

『これで駄目なら』 カート・ヴォネガット 飛鳥新社
 シニカルで心優しい我らが愛すべきヴォネガットが、全米各地の卒業式などで語った講演を集めたもの。作家の円城塔氏による日本語訳も読みやすい。辛辣なほどに面白さを増すヴォネガットなので、インディアナ自由人権協会とイースタン・ワシントン大学での講演はかなり気に入った。人生でひどい体験をしたことを、さも勲章のように誇らしげに語る人がいるが、ヴォネガットはそんなことは決して云わない。ただつらかったというだけだ。そしてそこから学ぶことは「苦労が人を作る」ではなく、「人には優しく」ということなのだと静かに語りかける。そして題名にもなっているが、何度か出てくるアレックス叔父のエピソードが好い。物事が本当にうまくいっているその時には、ちゃんと気づかないといけなくて、きちんと声に出すことが大切なのだそうだ。「これで駄目なら、どうしろって?」(でも良かった時って必ず後になってから気がつくんだよね。/苦笑)ヴォネガットはまず自分が高校か大学の頃に読んで、そんでまた自分の子供がそれくらいの歳になった時に読み返すとまた違った読み方が出来て、二度おいしいんではないだろうか。

『斜め屋敷の犯罪』島田荘司 講談社文庫
 『占星術殺人事件』と並ぶ著者の初期の代表作であるとともに、その後の新本格ムーブメント到来に大きく寄与した記念碑的な一冊の改訂完全版。数十年ぶりに再読したが愉しかった。奇妙な館と不気味な人形たち、吹雪の夜と完璧な密室の殺人。大時代めいた挑戦状も愉しい。前半と後半で三人称から一人称へと語り口が変わったり途中で唐突に「作者」が顔をだすところなどは、小説としても斜めに歪んでいるように感じるのだが、しかし却ってそこにこの作品がもつ“熱”を感じたりして魅力だったのを思い出した。

『文豪山怪奇譚』 東雅夫/編 山と渓谷社
 幻想と怪奇の名アンソロジストによる、山を題材にした幻想アンロソジー。文豪たちによる幻想と怪奇の作品が全部で十二篇収録されている。岡本綺堂や泉鏡花といった名手による作品はもちろん、なかには画家・村山槐多による「鉄の童子」や中勘助の「夢の日記から」といった珍しいものまで様々。巻末には柳田國男による山人幻想「山人外伝資料」を配して民俗学の古典を今の目で幻想文学として愉しもうとするなど、相変わらずセレクトが巧い。綺堂「くろん坊」や鏡花「薬草取」はもちろんだが、火野葦平「千軒岳にて」や太宰治「魚服記」なども思いのほか面白くて気に入った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

舞狂小鬼

Author:舞狂小鬼
サラリーマンオヤジです。本から雑誌、はては新聞・電車の広告まで、活字と名がつけば何でも読む活字中毒です。息をするように本を読んで、会話するように文を書きたい。

最新トラックバック
FC2カウンター
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR