好きな本のタイトル

 先日、ネットでたまたま「日本タイトルだけ大賞」というのを見かけた。寡聞にして全く知らなかったのだが、国内で出版された書籍の中から「タイトルのみのコピー、美しさ、面白さ」に優れた書籍を選出するという趣旨で、2009年から始まり今年で第7回を迎える賞のようだ。本の内容や出来は一切問わないというのが大変に面白い。(以上、ウィキペディアからの情報。)
 これまでの受賞作は次の通りだ。(カッコ内は受賞年)
  『ヘッテルとフエーテル』(2009)
  『スラムダンク孫子』(2010)
  『奥ノ細道・オブ・ザ・デッド』(2011)
  『月刊 円周率 2月号』(2012)
  『仕事と私どっちが大事なのって言ってくれる彼女も仕事もない。』(2013)
  『妻が椎茸だったころ』(2014)
  『人間にとってスイカとは何か』(2015)
 ちなみに残念ながら一冊も読んだことは無いのだが、「内容や出来は一切問わない」といっても、幾らなんでもひどい内容の本ばかりということは無いだろう(笑)。例えば今年の受賞作である『人間にとってスイカとは何か』などは、文化人類学的な観点でスイカの歴史を辿ったものらしく、如何にも自分好みで面白そうな本だ。これまで本についてこんな風に考えたことは無かったので、この賞はとても新鮮だった。きっかけがどんなことであっても、人の目に触れる機会が増えるというのは良い事だと思う。

 というわけで、自分もこれまで読んだ本の中から、気に入っている題名や印象に残っている題名を挙げてみることにしよう。ただあくまでも個人的な嗜好だし、必ずしも本そのものの評価とは一致していないのであしからず。題名は割と平凡だが素晴らしい本というのも数多いし、逆に内容はさほど好みではなくても題名がとても好きなものもある。(ここで挙げるのは題名も素晴らしいが、中身についても満足のいくものだったので記憶に残っているものが殆ど。なお小説やエッセイに学術書など、本のジャンルは入り混じっているし著者や出版社は省略させてもらっているので、興味のある方はネットで調べて頂けると有り難い。)

 『巨匠とマルガリータ』/『一角獣・多角獣』/『百年の孤独』/『ジュリアとバズーカ』/『西瓜糖の日々』/『時は準宝石の螺旋のように』/『類推の山』/『馬的思考』/『飛行士と東京の雨の森』/『ジョン・レノンvs火星人』/『心臓抜き』/『食後のライスは大盛りで』/『花終わる闇』/『九マイルは遠すぎる』/『書誌学の廻廊』/『誰もがポオを愛していた』/『黒い時計の旅』/『平行植物』/『表徴の帝国』/『文化と両義性』/『沖縄にとろける』/『不在の騎士』/『花と機械とゲシタルト』/『いつからなりとも月にひとつの卵』/『われら顔を選ぶとき』/『書を読んで羊を失う』/『ビールと古本のプラハ』/『敗者の精神史』/『プルーストとイカ』/『想像の共同体』/『女の子よ銃を取れ』/『郵便局と蛇』
 ……以上、順不同

 キリが無いのでこのあたりで止めておくが、ありていに言って、好い題名がついている本は読んだ印象も好いものが多かったような気がする。もしかしたら細部まで編集が手を抜いていない証左なのかも知れないね。全般的に言えば学術系は直截的で素直な題名が割と多くて、文学はちょっとひねったのが多い傾向はあるけれど、全てがそうとも言い切れないのが面白い。直截的でも却ってそれが清楚で洒落た感じに仕上がることもあるし、変にひねり過ぎて嫌味な感じになることもある。まあ題名というのは難しいものであるよなあ。
 またこれからもこの手の気に入った書名を、コツコツと書き溜めていくことにしよう。もっと年取ったときに、お気に入りの名前コレクションが出来ていると愉しいな。(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

舞狂小鬼

Author:舞狂小鬼
サラリーマンオヤジです。本から雑誌、はては新聞・電車の広告まで、活字と名がつけば何でも読む活字中毒です。息をするように本を読んで、会話するように文を書きたい。

最新トラックバック
FC2カウンター
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR