少女マンガとSF

 ミステリー読書会の関係で知り合いになった方から、漫画をお借りした。名前は『夢みる惑星』(佐藤史生著/小学館PFビッグコミックス)というもの。長いことお借りしてしまったのだが、先日ようやく読み終えたので、あれこれ感想などを書いてみたい。
 本書はもともとプチフラワーという雑誌に1980年から84年まで連載されていたものだそうで、今回お借りした全4巻のコミックスも、最終巻の奥付をみると1984年の発行となっている。ずいぶんと昔の作品なのだ。
 すっかり忘れていたのだが、思い返せば当時はたしかに少女漫画家の方たちによるSFやファンタジー系の作品が、たくさん発表されていた気がする。たとえば萩尾望都(『ポーの一族』『スターレッド』『銀の三角』など)や竹宮恵子(『地球へ…』)、坂田靖子(『闇夜の本』『星食い』など)といった名前は、雑誌の記事や広告でもよく目にしていた。また、高校や大学の(男の)友人たちも少女漫画にはさほど抵抗が無い世代なので、大島弓子『綿の国星』、猫十字社『小さなお茶会』、萩岩睦美『銀曜日のおとぎばなし』などが話に挙がったこともある。(このあたりの作品は借りて読んだりしたことも......。ただ自分は子供の頃から読む漫画といえば少年漫画一辺倒だったので、少女漫画の繊細な描写と独特のコマ割りは、何となく馴染めなくてあまり読まなかった。)
 そんなわけで、本書の著者である佐藤史生氏の名前も正直知らなかったのだが、読書会の二次会で『金星樹』や『夢みる惑星』という作品名を聞いた時はたしかに憶えがあったので、やはり当時のブームの一翼を担っていた方だったのだろう。(全然詳しくないので的外れなことを書いていたらすいません。/苦笑)

 物語の舞台は人間が恐竜とともに暮らす、どこともいつの時代とも知れない世界。アスラハンのダルシス王の嫡子であるイリスは長じて「谷」の大神官となり、王国を間もなく見舞おうとするカタストロフから人々を救おうとする。そこに亡き王の跡を継いだ異母弟ダジオンとの反目やタジオンの許嫁フェーベのイリスへの恋慕、そして不思議な力を持つ踊り娘シリンやベニ・アスラ一族の若き当主カラといった個性的な登場人物たちの思惑が複雑に絡み、刻一刻と時間は過ぎ去っていく。煮え切らぬ王や貴族たちを前にしてイリスが売った大芝居とはなにか、そして人類の避難は果たして間に合うのか?―― といった感じで、あらすじを書くと壮大なスケールの一大長篇のようになるが、これだけの話が僅か4巻に凝縮されている。最後は多少端折ったような感じが見受けられもするが、よくぞまあこれだけ大きく広げた風呂敷をうまくまとめたものだと感心した。
 何となくの印象ではあるが当時の少女SF漫画というのは、少年SF漫画に比べて(たとえば人類や一族全体の存続にかかわるような)非常に大きくて重たいテーマが多かったような気がする。なぜだろうと考えていてひとつ思い出したのが、アーシュラ・K・ル・グィンの影響というものだ。『闇の左手』や『所有せざる人々』、そして『ゲド戦記』といったSF・ファンタジーで有名なル・グィンは、萩尾望都ら「24年組」の漫画家たちに大きな影響を与えたという話を聞いたような覚えがある。おなじく女性SF作家ではジェイムズ・ティプトリー・jrなどもシリアスで思弁性に富んだ作品を数多く発表していたし、小説よりもさらに「少年向け/少女向け」という枠組みを意識せざるを得ない漫画家にとっては、彼女らの作品が大きな励みになったであろうことは想像に難くない。
 読んでいるうちに連想したことがもう一つあった。それは眉村卓『消滅の光輪』や小松左京『日本沈没』「神への長い道」といったさまざまな日本SF作品の系譜だ。大きな災厄を前にして人々を如何に安全に移住させるか?という課題をインサイダーの視点で語るのは、太平洋戦争を経た第一世代の日本SF作家たちのテーマのひとつであったように思う。一方で漫画の世界に目をやると、やはり手塚治虫の『火の鳥』をはじめとして、石ノ森章太郎『サイボーグ009』、永井豪『デビルマン』といったシリアスなテーマを扱ったSF作品が目白押し。当然ながら佐藤氏たちの頭にも同様の問題意識があったように思うのだがどうだろうか。

 本書で面白いと思ったのは、そういった壮大なスケールの問題意識と並行して、登場人物たちの感情的な機微がこと細かに描かれていた点。こういうのは少女漫画を読み慣れている人はあまり気にしないのかもしれないが、人類の存続と個人的な救済が全く等価である描かれ方は、やはり少女漫画の系譜であるのかなあと興味深かった。
 冒頭でも少しふれたが、漫画にも独特のコードみたいなものがあって、読み慣れないものだとなかなか読み進めなかったりするのだが、自分は少年漫画のコードしか持っていないので、少女漫画や劇画は読むのになかなか時間がかかる。作品の出来不出来ではなく、おそらく子供の頃から読んでいる人は気付かないコードの問題なのだろうと思う。
 それから(ちょっとネタバレになってしまうが、)単なる異世界ファンタジーと思っていたら実は……というのも、往年の名作SFを思い起こさせてくれて好きだった。先行する数多くのSF作品のエッセンスが詰め込まれている力作だが、はたしてプチフラワーという雑誌のカラーには合っていたのだろうか?浮いてはいなかったのだろうか?もしかしたら少年JUMPに『暗黒神話』や『はだしのゲン』が載っていたような感じではなかったのかと、ちょっと心配になったりもした。まあすでに30年以上も前の話だから別に良いんだけどね。(笑)
 雑駁でまとまりのない感想だが、以上が本書を読んで思ったこと。いつか機会があれば、少年漫画のSF作品についても書いてみたいもんだねえ。

 最後になりましたが、Owlさん、面白い作品をお貸しいただきましてありがとうございました。また読書会でお会い致しましょう!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プチフラワー

プチフラワーは当時もっとも先端的な少女マンガ雑誌だったので、『夢みる惑星』はむしろプチフラワーだから発表できた/プチフラワーという雑誌にマッチした作品、という感じでした。個人的にはゲイルが好きでしたね。

たこい様

コメントありがとうございます。

そうだったんですね。
昨日、本をお借りしたOwlさんとお話ししたおり、
「2か月に一度しか出ないので、ちゃんと完結できるか心配だった」
とおっしゃられていたのが面白かったです。

ゲイルもなかなかいい味を出していましたね。

ではまた読書会でお会いいたしましょう。
最新記事
カテゴリ
プロフィール

舞狂小鬼

Author:舞狂小鬼
サラリーマンオヤジです。本から雑誌、はては新聞・電車の広告まで、活字と名がつけば何でも読む活字中毒です。息をするように本を読んで、会話するように文を書きたい。

最新トラックバック
FC2カウンター
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR