良い酒、良い眠り、そして良い本

 唐突だが、「良い酒」と「良い眠り」は似ている気がする。良い酒は水のようにノドを通過していき、良い眠りは本人が寝たことすら気付かないままに朝を迎える。明鏡止水の心境とでもいおうか、変に主張をしないで自然にこちらに寄り添ってくる感じ。
 それは本についても当てはまる話なのかも知れない。例えば“今ひとつな本”を読んでいる時は、(まるで不味い酒や寝苦しい夜のように)本の世界に浸ることが出来ず、途中で何度もページの進み具合を確認してみたり。それに比べて面白い本の場合は、時間のたつのも忘れて一気呵成に読み切ってしまう。良い酒/良い眠り/良い本、どれも自分をことさらに意識させないという点では同じなのかもしれない。
 思えば子供の頃には、学校の図書室に「良い本」が山のようにあった。親が子供に読ませたい本という意味ではなく、子供が読んで面白いと思える本。自分が子供の頃のことを考えてみると、今と違って予備知識も無いので表紙絵や題名をみて直感で本を選んでいたように思う。いざ読み始めると、自分がどこにいるかも忘れて物語の世界に没入していく。そして最後のページをため息とともに閉じたとき、やっとそこが自分の部屋だった事を思い出すのだ。良い時代だったのだろう。
 しかしそんな読書体験が出来たのは小学生のころまでであって、大人になってからは我を忘れるほど面白い本に出会えたことは残念ながら数えるほどしかない。知識や経験とともに雑念が増えてしまったせいか、本を読みながらも明日の仕事のことをふと思い出したり、色んなことを考えてしまって没入するところまではいかないのだ。あんなに夢中になれる読書をすることができたのは子供なればこそ。今となっては二度と出来ない貴重な体験だったような気がする。
 でも大人になるのは必ずしも悪いことばかりではない。知識が増えたことで子供の頃には気が付かなかった作者の仕掛けや物語の背景が深く理解できるようになり、重層的な愉しみ方が出来るようになったという点では却って良かったとも言えるだろう。好きな作家が出来て系統的に読むようになり、さらには書評やネットの評判を参考に本を選ぶようになった結果、大人になってからは極端なハズレを引くことは無くなったように思う。

 ただ、書店をうろうろしていると、これまで知らなかった本を見かけることがままある。(そりゃそうだろうね、年間数億冊が出版されているのだから。/苦笑)そんな時は題名や帯をみて食指が動き、ついふらふらとレジに持っていくこともしばしば。そうやって買った本は、やはりどうしても“打率”は悪くなる傾向がある。そんな時は、読み進むうち「予想と違うぞ。なんかまずい物買っちゃったかな?」なぞという気持ちがふつふつと湧いてくるのは否めない。(笑)
 そんな時はどうするか。自分の場合は、1.我慢して一気に最後まで読んでしまう/2.途中で別の本を挟みながらチマチマと齧るように制覇する/3.読みたい気分が再び湧き起こるまで本棚の「読みかけ本コーナー」に置いておく、のいずれかになることが多い。(ちなみに読むのを諦めてしまうことはまずない。子供の頃の嫌いな食べ物とは違って、大人はたとえ詰まらない本であっても読み残したりはしないのだ。もったいないからね。/笑)

 ――「いい酒、いい眠り、いい本」の話題から始まっておかしな話になってしまった。ともあれそんな失敗もたまにはあるが、それでも新しい本へのチャレンジはこれからもずっと続けて行くだろうと思う。それはまだ見ぬ巨匠、自分の知らない傑作にいつか出会えると信じているから。
 もちろん絶対にハズレが無い「良い本」を読もうと思えば、お金さえ出せば手に入れられないことはない。値段が高くて買っていないハードカバーの作品などはまだまだたくさんある。定評のある絶版作品を古本屋で手に入れることだって出来る。お金さえ払えばね。良い酒と同じく良い本だって、それなりの値段を払えば手に入れることはできるのだ。でもそれだけでは何だか詰まらない。いざという時のために良い本は手元に常に確保しつつも、見知らぬ新しい本との出会いにもまた果敢に挑戦していきたいものだと思う。そして手に取った本が期待に違わず面白かったときの気持ちの良さといったら......。(ついでに読み終わった頃に新聞の書評で取り上げられているのを見つけたりするのも、またひとつの愉しみだったりして。)このように本の世界の愉しみ方ひとつとっても、なかなかどうして奥深いのだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私も読書大好きです。

私は読みたい本を探すときは、書店をひたすらうろうろします。
ぼーっと書棚を眺めていると、たまに「これだ!!」という運命の出会いをすることがあります 笑。

もしよければ一度試してみてください(^^)

たかき様

コメントありがとうございます。

そうですよね。
リアル書店がネット書店と違うところは、
思い掛けない出会いがあるところだと思います。

そうして新しいお気に入り作家ができたりすると、
こんなに嬉しいことは有りません。

それにしても、
なぜ本屋では時間の経つのがあんなに早いんでしょうね(^^)
最新記事
カテゴリ
プロフィール

舞狂小鬼

Author:舞狂小鬼
サラリーマンオヤジです。本から雑誌、はては新聞・電車の広告まで、活字と名がつけば何でも読む活字中毒です。息をするように本を読んで、会話するように文を書きたい。

最新トラックバック
FC2カウンター
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR