2014年12月の読了本

『ヰタ マキニカリス1』 稲垣足穂 河出文庫
  *題名の意味はラテン語で「機械的生活」という程度の意味だろうか。稲垣足穂の作品
   の中で、宇宙や機械への憧憬をテーマにした作品ばかりを集めた短篇集の上巻。
   冒頭には「一千一秒物語」も収録されていて、自分にとってはタルホの最良の部分が
   集められた作品集と言えるかもしれない。本書に収録されているもので云えば、自分
   にとってのタルホ作品の魅力とはまず、「一千一秒物語」や「緑色の円筒」のような無
   機質で人工的な宇宙的コント、次に「セピア色の村」や「白鳩の記」のような儚さにこそ
   あると思う。(少年愛の方はよく分からない。/笑)そして儚いものの美しさというの
   は、昼の強い陽光を浴びると色褪せて蒸発してしまうのだよね。その意味ではタルホ
   も大乱歩と同じく「夜の夢こそまこと」というべき作家かもしれない。ところで「白鳩の
   記」についてだけれど、この作品は飛行機事故と飛行機乗りたちの悲哀と、彼らに憧
   れる少年のリリシズムを描いた佳品。でも読んでいるうちに何故かJ・G・バラードの
   『クラッシュ』を思い起こした。『クラッシュ』からエロティシズムを抜くとこんな感じ
   になるかもしれない。廃墟趣味にも通じるところがあって、バラードやタルホの魅力
   (の一部)は案外こんなところにもあるのではないだろうか。
『不思議屋/ダイヤモンドのレンズ』 オブライエン 光文社古典新訳文庫
  *オブライエンを初めて読んだのは大瀧啓裕氏の訳によるサンリオSF文庫『失われ
   た部屋』だった。その後、創元推理文庫で『金剛石のレンズ』として出たが、今では
   どちらも入手困難な状態。と思ったら、訳者の南條竹則氏の強いこだわりで新たに
   古典新訳文庫から出ることになった。南條氏のオブライエンに対する愛情を感じる
   セレクトと解説がとても好い。どれも読んで愉しい話だが、表題の二作と「なくした部
   屋」、「ハンフリー公の晩餐」が特に好きかな。
『ポンス・ピラトほか』 ロジェ・カイヨワ 景文館書店
  *カイヨワは評論『遊びと人間』が面白かったが、幻想小説を書いているとは知らなか
   った。(本国では小説の方が有名という話も。)本書の副題は「カイヨワ幻想物語集」
   といい、いずれ劣らぬ出来の幻想作品が4つ収録されている。なかでもイエスの処刑
   をめぐる皇帝の代理人の苦悩を題材にした、表題作の幻想味はとても素晴らしい。
   他に好みだったのは、読むうちに眩暈がしてくるような「宿なしの話」かな。
『野蛮な読書』 平松洋子 集英社文庫
  *講談社エッセイ賞を受賞した読書エッセイ。「野蛮な読書」とは、行き当たりばったり
   で手を伸ばして本を読み、脈絡がないように見えて実は思いもかけなかった繋がり
   と広がりがある、そんなわけのわからなさを持った読書のことらしい。ある本の事を
   書いているかと思ったら、突然全く違うところへと連想が広がっていくので、びっくり
   しながらもそれが愉しい。本と食がテーマのエッセイはハズレが無くて好いね。
『怪談と名刀』本堂平四郎 双葉文庫
  *元本の刊行は昭和10年と大変に古い。実在するさまざまな刀剣にまつわる怪談や
   奇聞を、当の刀に関する薀蓄と共にまとめた何とも不思議なしつらえの本。刊行か
   ら長らく埋もれていた本だが、アンソロジストの東雅夫氏がその中から怪談エピソ
   ードを抜粋して復刊した。(原本には他にも仇討物や武勇譚などが多く収録されて
   いるらしい。)人名・地名など聞き慣れない固有名詞が多いので読むのに少し時間が
   かかるが、物語自体は化け物退治や辻斬りといった“犯罪もの”など不思議で奇怪
   な話が満載で、まるで講談を読んでいるように愉しい。(なかには異類婚姻譚の
   “蛇聟/へびむこ”まである。)ただし末尾に書かれている「タナゴ腹」「砂流」「松皮
   肌」「寸延び」といった刀剣に描写や薀蓄の方は、そちら方面に詳しくないためとんと
   解らぬ。残念。
『黒い破壊者』 A・E・ヴァン・ヴォークト他 創元SF文庫
  *「宇宙生命SF傑作選」と銘打ったアンソロジー。ヴォークト『宇宙船ビーグル号』の
   第1話の元になった作品を雑誌掲載の形で収録した表題作を始め、全部で6篇の作
   品からなる。表題作やシュミッツの「おじいちゃん」も好みだが、何と言ってもヴァンス
   の「海への贈り物」が堪らなく好きだ。
『ビブリア古書堂の事件手帖6』 三上延 メディアワークス文庫
  *古書の話は面白いが、古書を題材にしたミステリとなると、どうしても蒐集にまつわ
   る書痴たちのどろどろした人間関係が中心となりがち。物語も暗い展開になることが
   多いと思うが、本シリーズでは主人公と女性店主のロマンスをうまく散りばめることで、
   そのあたりを巧くいなしている。「爽やかな紀田順一郎ミステリ」とでも言えばいいだ
   ろうか。(笑)
『赤い右手』 ジョエル・タウンズリー・ロジャーズ 創元推理文庫
  *とにかく豪快な展開。時系列を混乱させながら勢いに任せて読んでいくと、最後には
   本格ミステリの味わいでアクロバティック且つ見事に着地を決める怪(快)作。どこと
   なく『ドグラ・マグラ』を連想させる『赤毛のレドメイン家』のような印象をもった。ミ
   ステリマニアの人ほど楽しめそうな気がする。
『インド夜想曲』 アントニオ・タブッキ 白水uブックス
  *著者タブッキはブッツァーティと同じイタリアの作家。タブッキはこれまで読んだことが
   無くて本書が初めて。ブッツァーティの作品は『タタール人の砂漠』や『七人の使者』
   など不条理な展開が好きだが、こちらはまた違った意味で幻想的な趣きが好い。
   行方不明の友人シャヴィエルを探してインド各地を遍歴する“僕”の旅を読み進むうち、
   暑く眠れないインドの夜に夢と現実が溶けていくような酩酊感を誘う。著者が序文で
   「これは、不眠の本であるだけでなく、旅の本である。」と述べているが、ブッツァーテ
   ィよりもアメリカ作家のブローティガンあたりと比較した方が良いかも知れない。また
   “人探しをする話”という見方をすれば、安倍公房『燃えつきた地図』やアラン・ロブ=
   グリエ『消しゴム』と同じように、本書もミステリとして読むことが出来るかもしれな
   い。思いのほか面白かったので、著者の別の作品もいつか読んでみたいな。
『エクスタシーの神学』 菊地章太 ちくま新書
  *副題に「キリスト教神秘主義の扉をひらく」とあるように、聖者たちの絵や像にみられ
   る恍惚とした表情(エクスタシー)を題材にして、キリスト教の神秘思想について紹介し
   た本。(ただし著者の専門の関係から、イタリアやフランスなどラテン語圏の国が中心
   となっている。)中世から二十世紀にかけてそれらの国々で、聖職者や信者たちが神
   の神秘とどのように向き合ってきたかについて、具体例を挙げながら示す。ちょっと
   寄り道が多いのと事実の記述がやたら多いので論旨がつかみにくいのが若干難点
   だが、話自体は分かりやすい。神秘主義実例集もしくは実践編といった感じ。本書を
   読んでふと思ったのだが、「キリスト教神秘主義」というのは神と人間が(教会組織を
   通さずに)直接対峙するので、仏教で言えばいきなり悟りを開く禅宗みたいなものな
   のかもしれない。いや、人間はただひたすら祈ることしかできず、神によって選ばれ一
   方的に恩寵を与えられるのを待つしかないという点では、むしろ浄土宗や浄土真宗
   に近いのかも?それこそが神秘主義の本質であって、その結果、ひとは神の光に包
   まれ、自己が失われて神と一体となることで救いがもたらされるのだと著者はいう。
   (神という宗教的な普遍へは)「自分を捨てることでつながる」り、そこに精神疾患や
   身体的な発作の苦しみを越えたエクスタシーの本質があるのだと。
   とまあ、こう書くと小難しそうな本に思えてくるが、語り口はいたって軽妙。ときどき入
   る冷静なツッコミが妙に可笑しかったりする。例えば「苦しいのがうれしかったり、あ
   こがれだったりする。いったいこの人の精神構造はどうなっているのか」とか。(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

舞狂小鬼

Author:舞狂小鬼
サラリーマンオヤジです。本から雑誌、はては新聞・電車の広告まで、活字と名がつけば何でも読む活字中毒です。息をするように本を読んで、会話するように文を書きたい。

最新トラックバック
FC2カウンター
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR