オールタイムベスト短篇各種

 昨日の9月27日は、以前もお邪魔したことのある椙山女学園大学で「第1回 名古屋SFシンポジウム」というイベントが開催された。諸事情があり、ブログ主もパネリストの一員として末席を汚すというお恥ずかしい次第に相成ったわけだが、シンポジウム自体は大変に盛況で且つ面白いものになったと思う。はるばる遠方からご来場いただいた皆さんや、重い荷物を運んで来られディーラーズルームで物販をしていただいた皆さん、そしてぎりぎりまで準備に奔走されたスタッフの皆さん―― これらすべての皆さんに、この場を借りて篤くお礼を申し上げます。(当日の詳しい内容の報告については、もう少し落ち着いてからどうするか考えることにしたい。なにぶん自分が関係したイベントは小恥ずかしいので。/笑)

 とうことで話は変わる。今回のようなシンポジウムに限らず、最近は読書会やセミナーといった形の本にまつわる集まりが多く、色々な方のお話を伺う機会が増えた。そのような集まりのどこが愉しいかといって、同じ作品に対して自分と違う見方や感想に触れたり、あるいは気が付かなかった点を指摘されるのが堪らなく刺激的で面白い。読書自体は孤独な作業かもしれないが、本の先には著者との交流だけでなく読者同士の交流という広い世界が待っているのだ。一度この愉しみを覚えてしまうと、本好きならどなたでも病み付きになること請け合いである(笑)。
 それと同じ理由で、色々なジャンルのベスト作品を選ぶ投票も好きだ。音楽や映画、漫画に小説といった様々なジャンルで、投票によりベストテンを決めることが行われている。実はこれらのベストで一番面白いのは、全ての得票で決まった順位の方ではなく、投票者のひとりひとりが何にどんな配点で投票したかの方。(*)もちろん公開されないケースもあるが、もしも公開されている場合には、お気に入りの評論家がどの作品に点を入れたのか?などという愉しみ方をしている。

   *…例えば宝島社から毎年でる『このミステリがすごい』のようなもの。

 以上、前置きが長くなったが、先日ネットを覗いていたら色々な短篇小説のオールタイムベスト投票というイベントをやっていたのでさっそく投票した。そこでは個人の結果は公表されないのだが、自分の投票内容について備忘録も兼ねてここにご紹介してみたい。(マニアックなジャンルなので、興味のない方には申し訳ない。)
 参加したジャンルは4つ。怪奇幻想系の短篇(“怪談”)の国内と海外、そしてSF短篇の国内と海外だ。そのうち国内怪談の投票内容については、6/22の「アンソロジーについて(その2)」)という記事で取り上げたので、今回は残りの3つについて挙げることにしよう。

■「怪談短篇オールタイムベスト(海外)」
  H・H・エーヴェルス「蜘蛛」
  W・W・ジェイコブズ「失われた船」
  D・ブッツァーティ「なにかが起こった」
  ブルワー・リットン「幽霊屋敷」
  A・ブラックウッド「空家」
  ニコライ・ゴーゴリ「妖女(ヴィイ)」
  E・T・A・ホフマン「砂男」
  エリザベス・ボウエン「陽気なる魂」
  H・V・クライスト「ロカルノの女乞食」
  フィッツ=ジェイムズ・オブライエン「墓を愛した少年」

 どれも「その手」の小説が好きな人にはお馴染みのものばかりだと思う。(ジェイコブズは敢えて超有名作の「猿の手」を選ばず、別の物にした。)国についても英米だけでなくドイツやロシアなど様々なところを選んだ。また、一作家あたり一作品に限るというのも、自分がオールタイムベストを選ぶときの基本のルールにしてる。(こういう風に、自分なりのルールを決めて選ぶのがまた面白いのだ。)作品の味わいは国ごとでそれぞれ特徴があるが、とりわけどこかの国が好いということはなく、何処もそれなりに面白い。ただし作家でいえばお気に入りというのがあって、この中で云えばブラックウッドやゴーゴリ、ホフマンあたりが特に好きだ。


■「SF短篇オールタイムベスト(国内)」
  筒井康隆「ヨッパ谷への降下」
  矢野徹「折紙宇宙船の伝説」
  荒巻義雄「柔らかい時計」
  山野浩一「殺人者の空」
  小松左京「結晶星団」
  堀晃「アンドロメダ占星術」
  星新一「午後の恐竜」
  飛浩隆「ラギッド・ガール」
  大原まりこ「アルザスの天使猫」
  酉島伝法「皆勤の徒」

 お次は国内SF。「結晶星団」は短篇というよりも中篇と呼んだ方がいい長さだが、この際、かたい事は云いっこなしということで強引に選んでしまった。中学から高校にかけて夢中になった古い作品が多いが、どれも今読んでも傑作だと思う。筒井康隆は今回選んだ「ヨッパ谷への降下」の他にも「遠い座敷」などが好きで、幻想的な作品に自分好みの秀逸なものが多いように思う。最近の作品では、酉島伝法「皆勤の徒」が何と言ってもお気に入り。読者の理解を拒絶するようなわけの解らないさが面白かった。


■「SF短篇オールタイムベスト(海外)」
  A・C・クラーク「メデューサとの出会い」
  B・J・ベイリー「ドミヌスの惑星」
  U・K・ル=グィン「オメラスから歩み去る人々」
  P・K・ディック「まだ人間じゃない」
  J・G・バラード「溺れた巨人」
  タニス・リー「雨にうたれて」
  F・ブラウン「ミミズ天使」
  シオドア・スタージョン「ビアンカの手」
  ボブ・ショウ「去りにし日々の光」
  レイ・ブラッドベリ「万華鏡」

 海外のSF短篇は正直言って迷う。一度選んでも、暫くたって選び直すとまた違う作品になることが多い。そこでまずは現時点で印象に残っているものを挙げてみた。ただし「オメラスから歩み去る人々」のように必ず選ぶ作品はあるし、ベイリーやディック、バラードといった作家の中からは必ず何かを選ぶだろうとは思う。

 当ブログの管理人が選んだベストは以上のとおり。どんなものだろうか。(くどいようだが幻想怪奇やSFに興味のない方には申し訳ない。)
 人が選んだ作品リストを見るのはとても愉しい。「なんでこんな作品を選んだの?」と思う事もあるし、「そうか、これも好いなあ」と思う事もある。ミステリーや時代小説など、もっと色々なジャンルでオールタイムベストを挙げてみるの面白くていいかもしれない。もっとも何年かしてこのリストを見たら、「こんなの読んでいたかなあ?」なんてことになるかも知れないけど(笑)

<追記>
 この記事を読まれた方で、もしも他にお気に入りの作品などがあれば、教えて頂けると嬉しいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

舞狂小鬼

Author:舞狂小鬼
サラリーマンオヤジです。本から雑誌、はては新聞・電車の広告まで、活字と名がつけば何でも読む活字中毒です。息をするように本を読んで、会話するように文を書きたい。

最新トラックバック
FC2カウンター
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR