『教育の力』 苫野一徳 講談社現代新書

 著者の苫野(とまの)氏は自分が好きな哲学者・竹田青嗣氏の愛弟子。本書は現象学を学んだ哲学徒であり教育学を専門とする著者が、具体的かつ実践的な教育論を提案したもの。著者が確立を目指す「現象学に基づき原理原則をとことん追求した教育論」というのがとても興味深い。本当は最初の著作である『どのような教育が「よい」教育か』(講談社選書メチエ)も読みたかったのだが、ついつい機会を逃してしまっていた。今回は講談社現代新書からの刊行とのこと。おそらく前著での議論を噛み砕いて紹介するとともに、さらに実践的なものになっているだろうと予想し、こちらの方を先に読むことにした。(じっくりと哲学・思想書を読むのも愉しいのだけれど、最近はなかなかその余裕がなくていけない。)
 で、読んだ結果だけれど、だいだい読みは当たっていた。冒頭には現象学的な分析から著者が導き出した“よい教育”とは何かが簡潔にまとめられており、その結論を踏まえた上で様々な提案がなされている。
 まずその考え方の基本を簡単にいうと、ホッブズが『リヴァイアサン』で述べた「普遍的闘争状態」に終止符をうつために、ヘーゲルが提唱した「自由の相互承認(*)」という概念を根本原理としたもの。もともと著者の師匠筋にあたる竹田青嗣氏の本が好きで、『人間的自由の条件』(講談社学術文庫)や『完全読解 ヘーゲル「精神現象学」』(講談社選書メチエ)なんかを読んでいたので、すんなり頭に入ってきた。哲学的な話が大丈夫な方は、出来ればそちらも読んでおくと本書が更に愉しめるのではないかと思う。

   *…ごくごく簡単にいうと、皆が自分のことばかり主張しては水掛け論になり喧嘩に
     なる(≒普遍的闘争状態)ので、お互いに相手の立場を尊重して承認しあおう
     ということ。皆が「自由」であることを認め合えば自分の自由も認めてもらえる
     というわけ。

 著者による公教育の目的と定義をひとことでまとめると「各人の<自由>および社会における<自由の相互承認>の、<教養=力能>を通した実質化」ということになる。それはすなわち「すべての子供に、<自由>に生きるための“力”を育むことを保証するものであると同時に、社会における<自由の相互承認>の土台となるべきもの」であって、単なる読み書き能力や知識をつけることではない。(もちろんそれも大事だけれど。)
 少し自分なりに分かりやすく言い換えると、子供たちが大人になった時、お互いが社会で平穏に暮らしていくためのルール(=自由の相互承認)を体得させ、同時にそれを実現できるだけの最低限の技能や知識を身に着けさせるといった感じだろうか。ちなみに上記の「力能」とは、著者によれば「学力(≒将来に亘り自ら学び続けることが出来る力)」と「相互承認の感度」のことだそうだ。(おそらくここらへんまでの議論が、前著では詳細に検討されていたのではないだろうか。)
 つづいて後半では、これらの「よい」公教育を実現するための基本方針が示される。著者が提案する道筋は、(1)画一的でない徹底した「個別的な学び」/(2)子どもたちの智恵や思考を持ち寄る「協同的な学び」/(3)子供たちそれぞれが自らの目的をもって挑戦する「プロジェクト化の学び」という3つの“学びのあり方”。
 それらが融合して推進するとともに、閉鎖的になりがちな学校を様々な仕方で“開き”、多種多様な人々と交われる空間を作り出すことで、「ゆとり」or「学力重視」や「自由」or「管理」といった二項対立の不毛な教育論議ではなく、真に子供たちのためになる教育が実現できるのではないかと著者は主張する。(確かに、そんなに単純に割り切れるものではないよな。)
 著者は皆が納得できる原理を示すことこそが哲学の使命である―― という竹田氏の考え方を踏襲しており、本書でも納得のいくひとつの原理を示すことで、迷った時に立ち返ったり、正しい方向に進んでいくことが出来るだろうと述べている。そしてそれはおそらく正しい。教育に必要なのは検証不可能で思いつきのような主義主張をぶつけあうことでは無く、皆が納得して改善を進めていくことなのだから。今の教育制度に問題があると思うのなら、まずそこから始めるべきなのだろうと思う。好著。

<追記>
 最後にひとつおまけ。もしも本書で展開された主張に付け加える点があるとすれば、(自ら学ぶ力を付けさせるのが公教育の目的であるならば)「やる気」というものの仕組みを、脳科学の観点からも抑えておく必要があるだろうということ。やる気を司る「淡蒼球(たんそうきゅう)」や、感情の源の「扁桃体」といった脳の仕組みをうまく活用することで、精神論や押しつけではない教育が実現出来るのではないだろうか。
 著者の苫野氏は今年の4月から新たに熊本大学・教育学部の講師として赴任されたとのこと。氏の考えが実践されることで、少しでも子供たちの未来が良くなっていくと良いなあ。(今回は柄にもなく真面目なコメントになってしまった。/笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

舞狂小鬼

Author:舞狂小鬼
サラリーマンオヤジです。本から雑誌、はては新聞・電車の広告まで、活字と名がつけば何でも読む活字中毒です。息をするように本を読んで、会話するように文を書きたい。

最新トラックバック
FC2カウンター
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR