幻想と怪奇についての覚え書き

  ※今回は趣味のマニアックな話題が全開ですので、あしからず。

 日頃から読書については「広く浅くお気らくに」がモットーなので、本のジャンルにこだわりは無い。小説/学術書/エッセイなど、何でもごちゃ混ぜにして読んでいる。中でも小説については幻想や怪奇、それにSFやファンタジーといった、不思議や奇想を売り物にしたものが好きでよく読んでいる。ミステリも割と好きだが、そちらでもハードボイルドや警察小説よりは、“名探偵”が登場して不可能犯罪の謎を解く「パズラー」と呼ばれるタイプが好み。
 そこで今回はいつもと趣向を少し変えて、これら“不思議系”の小説の中で特に「幻想」と「怪奇」について、自分なりの考えをひとつご紹介したい。

 「幻想」ないし「怪奇」という小説のジャンルは、すこし難しい言い方をするならば、どちらも日常生活に感じる「世界とはこういうものだ」という確信を、わざと揺らすことで愉しむものといえるだろう。その揺らし方や狙いの差異でジャンルが異なるというのが自分の解釈。ロジェ・カイヨワが『遊びと人間』で示した分類でいえば、いずれも“ilinx”(イリンクス/眩暈)を愉しむたぐいの娯楽ともいえる。

 まず「幻想」についてだが、その本質は「主観による世界確信のゆらぎ」にあると考える。幻想小説においては、通常の生活では起こりえない不可思議な状況が主人公の身に降りかかる。ここで重要なのは、その異常な現象に対して、必ずしも合理的な解釈は必要ないという事だ。(*)
 どういう事かというと、「幻想小説」というジャンルの小説は「世界確信のゆらぎ」の効果を文章で表現することを主眼においたものというわけ。例えばこの理屈に従うならば、『ドグラマグラ』は(ミステリではなく)幻想小説の範疇に入ることになる。

   *…ここらへんが「論理」と「分析」の娯楽であるSF文学と、幻想文学の最も大きな
     違いではなかろうか。

 一方で「怪奇」とはいったい何か。それは前述の「世界確信のゆらぎ」により起こる、“漠とした不安”や“恐怖”という「心情」の原因となるものといえる。つまり怪奇小説はその心情を積極的に味わう文芸ジャンルだ―というのが自分の解釈。(対する幻想小説の場合、ゆらぎによる「眩暈」や「失見当識」はあっても「恐怖」はあまり意識されない。)
 なお余談になるが、怪奇小説とホラー小説は「死への恐怖」という点では共通していても、本質的には似て非なるものであると思う。ホラーは死への恐怖さえあれば成立するものであり、必ずしも「世界確信のゆらぎ」は前提にならない。例えば連続殺人鬼に襲われる物語は、ホラーではあっても怪奇にはならないわけだ。(ただしその殺人鬼が何度でも甦ってくれば、それはそれで怪奇にはなるかも。)

 話を戻そう。幻想と怪奇の間の線引きを示すには、泉鏡花の作品を例にするのが分かりやすくて良いかも知れない。
 彼の小説は随筆「おばけずきのいわれ少々と処女作」の中でも述べられているように、「観音力」による不思議を描いた作品と「鬼神力」によるそれを描いた作品に分けられる。いずれも現実世界を破って「向こう側」にあるものが垣間見えるという点では同じだが、前者がまるで観音様の慈愛のような“奇蹟”を描いて不思議な余韻を残すのに対し、後者はあくまでも登場人物を襲う“理不尽”の描写が主眼。これすなわち自分の中では、先ほど述べた「幻想」と「怪奇」の違いに他ならない。(**)

  **…観音力の例としては「薬草取」「草迷宮」「化鳥」など、鬼神力の例としては
     「眉かくしの霊」「海異記」あたりが挙げられるだろう。もしもご興味ある方は
     岩波文庫などでどうぞ。

 SFの場合、その愉しさは「論理のアクロバット」だったり「壮大な奇想」だったりして、まるで遊園地に遊びに行くような感覚に近い。しかし遊園地は身体が元気な時はいいけれど、疲れがたまっている時などはちょっとしんどい。(家族サービスの親御さんはお疲れ様です。/笑)
 逆に心が疲れた時などは、じんわりと沁みてくる幻想・怪奇な物語が意外と心地よかったりするのだ。自分にとってこの手の小説は、ちょっとした「読むクスリ」といった感じなのかも知れない。(あれ、このフレーズ前にも描いたことあるかな? まあ色んなクスリを使ってるということで。/笑)

 以上、今回はこんなところで。(気ままな覚え書きなので、ちゃんとした結論がないのはご容赦いただきたい。)またSFやファンタジーやミステリの愉しみ方の違いについては、いずれ機会を改めて書いてみたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

舞狂小鬼

Author:舞狂小鬼
サラリーマンオヤジです。本から雑誌、はては新聞・電車の広告まで、活字と名がつけば何でも読む活字中毒です。息をするように本を読んで、会話するように文を書きたい。

最新トラックバック
FC2カウンター
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR