『超解読! はじめてのフッサール「現象学の理念」』竹田青嗣 講談社現代新書

 竹田青嗣氏の現象学の本を久しぶりに読んだ。本当のことを言うと、最初はこの本を読むつもりは無かった。この現代新書から出ている『超読解!』のシリーズは、竹田氏が講談社選書メチエから出している『完全読解』の簡易版のような位置づけなので、本当はメチエを読むつもりだったのだ。(*)

   *…『完全読解』は有名な哲学書を原書にあたって詳細に読み解くというシリーズ。
     これまで『ヘーゲル「精神現象学」』『カント「純粋理性批判」』『カント「実践
     理性批判」』と、『フッサール「現象学の理念」』の4冊が出ている。竹田ファン
     を自認する立場としてはもちろん全部買ってはあるのだが、なんせ“完全解読”
     だけあってボリュームもなかなかなもの。時間がかかるのでこれまで『ヘーゲル』
     しか読めていないという体たらく。(笑)

 ところが本屋でまえがきを立ち読みしたところ、「完全解読版に関していくつかの点で修正すべきところが見出され、それを超解読版で改訂したい(後略)」と書いてあるではないか。まだ当面完全解読版のフッサールは読めそうもないので、せめて超解読版くらいは読んでおこうとあっさり心変わりをしたというわけ。(なんせお気楽なので、その時の気分で方針はコロコロ変わる。/笑)
 以前、カンブリア紀の生物大爆発について読んだ時も、スティーブン・ジェイ・グールドの名著とされる『ワンダフル・ライフ』(早川書房)よりもむしろ、現代新書からでたサイモン・コンウェイ・モリス『カンブリア紀の怪物たち』の方が面白かった覚えがある。なかなかどうして、現代新書は意外と侮れないのだ。

 で、読んだ感想だが、ひとことで言うと「懐かしかったー」という気持ち。そもそも竹田青嗣氏を知ったのも、現象学という哲学ジャンルが好きになったのも、氏が書いた『現象学入門』(NHKブックス)を初めて読んだのが始まり。基本的には当時からスタンス(見解)に大きな変化はないため、おかげで本書の内容もすらすらと頭に入ってくる。(『現象学入門』はとても分かりやすいので、竹田氏の哲学や現象学に興味のある方にはお薦め。一方の本書の場合、フッサールに興味はあるけど難しそうなのでちょっと…という人にはお勧めだが、現象学自体にさほど詳しくない方には少しわかり難いかも。)とてもじゃないが自分には原著を読み通す気力は無いので、本書のような解説書は大変にありがたいのだ。(**)

  **…そもそもフッサールの著作は同じ概念を異なる言い回しで書いたり、周りくどい
     書き方をしてみたりで、理解しにくいこと甚だしい。専門家の間でも解釈の仕方で
     意見が割れるのは当たり前。それが後年の研究者による誤解を生み、それにより
     現象学への批判を招く原因になってしまったのは残念なことだ。

 その点、著者が書いた現象学の本が画期的なところは、ひとつの「仮説」(補助線)を立てることでフッサール現象学の解釈に一本の筋を通した点にある。詳しくは氏の著作に直接当たってもらうとして、ここではごく簡単にそのエッセンンスだけを紹介したい。

 ■現象学は西洋哲学の難問である「主観と客観」の問題、すなわち「(主観による)絶対的
  に正しい客観認識や真理の存在は可能か?」ということに、最終決着をつけた学問で
  ある。

 ■ただし「絶対的に正しい認識」の基礎づけをするわけではなく、その反対に1)なぜ「絶対
  的に正しい認識」が不可能なのか、2)にもかかわらず何故「妥当な認識」(≒正しいと
  いう確信)がもてるか、という事を証明する学問である。

 ■その為にフッサールが行ったのは、デカルトの「方法的懐疑」の徹底。すなわちあらゆる事
  を徹底的に疑い、絶対に疑い得ない事だけを取り出すことで、それを問題解決の基礎に
  しようとする方法。(それをエポケー/判断留保という。)

 ■デカルトは「(色んなことを疑う存在である)“自分”の存在自体は疑い得ない」と結論
  付けた。しかしフッサールはそれを不徹底として退ける。彼が疑い得ないとしたのは、
  たとえばリンゴ(のようなもの)を見た時に「赤い」「丸い」と感じた気持ち。(赤く感じ
  たのは光線の具合だったかも知れず絶対的な認識とは限らないが、そのとき自分が「赤い」
  と感じた事だけは間違いない。)

 ■それを突き詰めると、そのとき「リンゴだ」と感じた(主観による)判断自体も、疑い得な
  いものとなる。(たとえその判断が「リンゴの模型」による間違いだったとしても、その
  瞬間にそう信じたことは疑い得ない。)

 ■すなわち「客観それ自体」とされてきたのは、実は「内在(≒主観)」において形成された
  「対象(があるという)確信」つまり「世界確信」に他ならない。

 どうだろう? 少なくとも自分にはとても納得できる考え方だと思うのだが。
 ちなみに竹田氏による「仮説」というのは、上記の一番最後に書かれた「(客観とは)主観の中に成立した世界確信」という部分。フッサールの著作では先ほども書いたように用語の不統一や混在による解釈の違いが存在していて、このような解釈はこれまでされてこなかったようだ。詳しくは触れないが、本書を読むとこれまでの解釈よりもこちらの方がはるかにしっくりくる気がする。
 フッサールが創始した現象学は、その後ハイデガーやサルトル、メルロ=ポンティといった錚々たるメンバーに引き継がれ、20世紀の西洋哲学の礎となった重要な学問。その後はポストモダン思想家たちによって「時代遅れ」とされ、目の敵のように批判されてきたが、筆者はそれを難解さ故の誤解(誤読)によるものとして退け、現象学の復権を目指している。(自分も基本的にはその考えに賛成。)
 今回はちょっと手抜きして『超解読!』なんていう裏ワザを使ってしまったけど、いつか時間のある時に『完全解読』の方でじっくりと思索に浸ってみたいものだねえ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

≪現象学は西洋哲学の難問である「主観と客観」の問題、すなわち「(主観による)絶対的に正しい客観認識や真理の存在は可能か?」ということに、最終決着をつけた学問である。≫

 絶対的に正しいものはあるのか?という問いは興味深かったです。どのような事象も見る人によって、全く異なる見解を示すということは決して珍しくない。例えば、原発という科学の世界でも、原発は安全だという意見と想でない意見で分かれている。
 絶対的な真理というものが存在するとしたら、それなどのようなものなのか興味をひかれました。

タケゾウ様

ご訪問ならびにコメントありがとうございます。

本当はこの先のフッサールの著作『イデーン』などで、「それでは主観による世界確信からどのようにして、”他者も同様な見方で世界を確信している”という確信がうれるのか?」という話まで進んでいきます。しかし『現象学の理念』をテーマにした本書では、残念ながらそこまで言及されませんでした。

カントが証明したように「絶対的な真理などない」というのが真理なのかも知れませんねw。
最新記事
カテゴリ
プロフィール

舞狂小鬼

Author:舞狂小鬼
サラリーマンオヤジです。本から雑誌、はては新聞・電車の広告まで、活字と名がつけば何でも読む活字中毒です。息をするように本を読んで、会話するように文を書きたい。

最新トラックバック
FC2カウンター
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR