『ボストン美術館 日本美術の至宝』

 先日、名古屋ボストン美術館に行ってきた。(なぜか名古屋は台湾ラーメンが名物だが、ボストン美術館まであるのだ。しかし「名古屋ボストン美術館」って…名古屋かボストンか、いったいどちらなのか良く分からない。/笑)
 目的は題にも書いた『日本美術の至宝展』の後期展示を見るため。別に「芸術の秋だから」という訳ではなくて、たまに発作的に美術展に行きたくなるのだ。ただし気が付いたら前期はすでに終わっていて、残念ながら大好きな長谷川等伯(はせがわとうはく)の『龍虎図』は入れ替えのために見られなかった。それでも今回、曽我蕭白(そがしょうはく)『雲龍図』の実物には会えたので大満足。
 日本美術で好きなのは何と言っても(今回見逃してしまった)長谷川等伯。国宝の『松林図屏風』は最高に美しい絵だと思うし、どことなくユーモラスな『枯木猿猴図』などもいい感じ。(とか言いながら、実物にはまだ一度もお目にかかっていないのだが。/苦笑)
 だから正直いうと、精細な図柄でちょっと不気味な感じの絵が多い蕭白は、それほど好きではなかった。(今回みた『雲竜図』だけは別。ちょっと寄り目の龍が何ともユーモラスで好い。)
 しかし今回実物を見て印象が少し変わった。『風仙図屏風』で、画面下で強風に吹き飛ばされる2人の人物のしぐさも面白いし、思っていたほど不気味に感じない。いちばん驚いたのは『商山四皓図屏風(しょうざんしこうず)』。秦の始皇帝の弾圧を避けて山奥に隠遁した4人の高士を描いた絵なのだが、大胆な構図と太い線描はまさに自分好み。左端の人物に至っては、まるで殴り描きに思えるほどの勢いと省略で描かれている。

 他にも目玉企画として、尾形光琳の『松島図屏風』(フルカラーで岩礁の緑色が強烈)や、『吉備大臣入唐絵巻(*)』に『平治物語絵巻』といった絵巻物の傑作、それに伊藤若冲の小品『鸚鵡(おうむ)図』など、フェロノサやビゲローらによるコレクションを中心に、ボストン美術館が収蔵する日本美術の(まさしく)至宝を現物でみられる良い展示会だった。以上、文章で読んでもよく分からないと思うので、興味のある方は一度ネットで検索されるといいかも。でもってこの後に大阪などを回るそうなので、出来れば足を運ばれては如何だろう。きっと面白いと思うよ。

   *…遣唐使・吉備真備(きびのまきび)が阿倍仲麻呂の幽鬼の力を借りて、唐人がだす
     無理難題を見事に突破する物語を絵巻物にしたためた物。平安時代の作。

 高いお金を出して美術展に足を運ぶ意義はどこにあるかというと、それは何と言っても現物がこの目で見られることではないか。自分が考えるに現物に出会うことの魅力は2つあると思う。ひとつは文字通り「原寸大」で観られるということ。大きいものは大きいままに見ることが出来るから、作者の意図したままに作品を味わうことが出来る。(作者は印刷で小さくなってしまうなんてことを想定していなかったからね。だから印刷物とのギャップが大きい、なるだけ巨大な絵の方が面白い。)今回の蕭白『雲竜図』なんてまさにそうだ。自分の体よりはるかに大きな襖に描かれた龍の姿は、現物を目にすると極めて圧倒的。視野の端っこまで映る龍の姿の迫力は、こじんまりと画集に納まったものを見ているだけでは、絶対に想像出来るものではない。
 現物で見ることのメリットその2は、描かれた様子が近くで確認できるということ。例えば以前に行ったマックス・エルンスト展。『百頭女』やその他のコラージュ作品の原画が何枚か飾られていたのだが、切り貼りや修正の跡が生々しくて面白かった。(**)
 油絵などでも思っていたより小さかったり、逆にちょっと大きかったり。さらに絵の具の盛り上がり方や筆使いをみるのも愉快。(いずれも決して印刷で再現できるものではない。うちの会社のデザイナーがよく言っているいわゆる”質感”というやつのこと。)今回の例でいえば絵巻物なんかがそうで、この場合は絵のサイズが必ずしも大きくなくてもよい。こちらの「原寸大」もまた、展示会ならではの愉しみ方といえる。

  **…もっと卑近な例でいえば、水木しげる氏の妖怪画集の原画などもそう。子供の頃に
     夏休み特別展でみたが凄かった。あの描き込みの凄さは実物を見ると印刷本の比
     ではない。

 活字中毒の自分がいうのも何だが、世の中には本だけではわからないことは沢山ある。たまには書をポケットに突っこんで町に出るのも良いかもしれない。(寺山修司のようには「書を捨てない」のが自分らしいところではある。/笑)

<追記>
 考えてみれば映画もそうだ。DVDで見るのが嫌で、どうせ見るなら映画館の大スクリーンでみたいのは、製作者が意図した通りの状態で愉しみたいから。そしてそれはひとつの「イベント」の記憶となって、後から何度も思い返すことになる。リアル体験というのは、思えば最高に贅沢なことなのかも知れないね。これからも活字とリアルの二刀流で愉しんでいけるといいな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今も後悔・・・

長谷川等伯というと、苦い思い出が。
数年前、京都で等伯の展覧会があったのですが行きそびれ・・・
いまだに「悔しい、行きたかった」と嘆いています(笑)

実物を観ることには、こだわっています。
印刷で観たら良さがわからないものって沢山あるんですよねぇ。

東京に住んでたら毎日どこかの美術館へ行ってると思います。
大阪も都会なはずですけど、文化的にはだいぶ劣ります。
その代わり京都と神戸も行動圏内ですが、お財布が泣きます(笑)

私も断然、映画は映画館派です。
DVDだと何かに中断されたり視野に日常の風景が入り込んだり。
「非日常性」が映画の魅力の一つでもあるので、それが嫌なんです。

でもやっぱり。一番強いのは。舞狂小鬼さまと同じく。
「制作者の意図した状態で愉しみたい」という気持ちですね。
その理屈だと、本も原書で読まなくちゃなのですが。うー。ムリ。

彩月氷香さま

こんばんは。
そうですか、等伯に行きそびれましたか。
ご同輩ですね(笑)。

京都と神戸は大きな魅力ですね。
こちらに住んでいるものからすれば、
とても羨ましいです。(財布はさておき/笑)

絵画と映画のどちらも、大画面で見るのが楽しいですよね。
ガイブンについては、つい先日『SF翻訳講座』(by大森望)
という本を読みました。

翻訳者は原著の雰囲気をいかに忠実に日本語で伝えるかに腐心しているので、自分的にはとりあえずOKとしています(笑)。

それではまた(^^)。

ボストン美術館

こんにちは。
名古屋にボストン美術館があるのは、知りませんでした。
いつか、機会があったら、行ってみたいです。

東京国立博物館での「ボストン美術館展 日本美術の至宝」には行ってきました。それまで印刷物でしか見ていなかったものの実物を見ることができるのは、とてもすばらしい体験でした。
歴史は大好きですが、それでもこの歳になっても、まだまだ知らないことが多く、機会を見つけては博物館や美術館、そして書籍や映像などから学ぶことが多く、感じ得ることも多いものです。
最近は忙しく、なかなか大好きな東京国立博物館に行くことができないのが残念です。ここは、常設展が充実していますので、パスポートを購入して、時間があれば足を運んでいます。

ようやく、読書や散策にも心地よい気候となりましたね。

rio様

こんばんは。
お越し頂きましてありがとうございます。

なぜボストン美術館が名古屋にあるんでしょうね。謎です(笑)。
本家とは姉妹美術館になるらしいです。

東京国立博物館のパスポートをお持ちなんですか。
それは良いですねえ。

東京の方は羨ましいです。
もしも自分が住んでいたら、
しょっちゅう上野の森に行ってしまいそうです。

やっと涼しくなって歩くには良い気候になりましたが、
本を読んでいると気持ち良すぎて、
眠くなってしまうのが玉に瑕ですね(笑)。

No title

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。

株式投資様

ご訪問並びにコメントをありがとうございます。

本の話が中心ですが(なんせ活字中毒者なもので/笑)、
宜しければまたお立ち寄りください。
最新記事
カテゴリ
プロフィール

舞狂小鬼

Author:舞狂小鬼
サラリーマンオヤジです。本から雑誌、はては新聞・電車の広告まで、活字と名がつけば何でも読む活字中毒です。息をするように本を読んで、会話するように文を書きたい。

最新トラックバック
FC2カウンター
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR