私事ですが

 昨日、午後二時ごろに、この春から下宿して東京の大学に進学した子供から「自転車でこけて骨折した」という連絡。交差点で派手に転んで大腿骨を骨折したとのことで、何と救急車で搬送されながらの電話だった。
 慌ててとるものもとりあえず新幹線に飛び乗ったのだが、そのときに車中で読んでいたのは翻訳家の鴻巣友季子氏が書いた『孕むことば』(中公文庫)というエッセイ。
 この本、生まれた我が子が言葉を「発見」していく過程を通じて、人が言葉を話すという行為について深い考察をした本なのだが、我が子がまだ小さかった頃の記憶とダブらせながら読んでいた。

 病院についてのドタバタはさておき、その夜9時過ぎに子供の下宿で夜を明かそうと、やっとたどり着いたところに今度は「祖母が亡くなった」との実家からの連絡。(祖母は102歳になる長寿だったので、いつかはとは思っていたのだがまさかこのような日に重なるとは...。)

 本日、朝から必要な荷物を届けたり入院手続きの続きをして、ひと段落ついたところで今度は名古屋にとんぼ返り。通夜に参列してきた。
 僧侶の読経が流れる中、1歳ほどの幼子が訳も分からず大声をあげている様子をみて、なんだか分からないが「この世界を次の世代に続けていくのが、生き物としての自分の役割なんだなあ」と妙に納得してしまった。

 というわけで、これから1週間ほどは子供の手術などでブログ更新が滞るかもしれませんので、あらかじめお断りしておきます。(先にあげた『行動経済学』の記事は事前に書いてあったものです。)
 それでは、またいつもの調子でお会いしましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

悪いことは重なるといいますが、なんとも大変でしたね。御子息が一日も早く良くなられることを心よりお祈りしております。


私も実は二十年ほど前でしょうか。父方の祖母が亡くなったというので、あわてて故郷に帰ったのですが、着いたその夜に母方の祖父が亡くなってしまったことがありました。通夜と葬儀のダブルヘッダーで、親戚中が大わらわ。あのときだけは悲しむ暇もありませんでした。
人生っていろいろなことが起こりますね。

sugata様

こんばんは。

3日ぶりのパソコンなので、
ご返事が遅くなりすいません。

あたたかいお言葉をありがとうございます。

sugataさんも大変な思いをされましたね。
私は今週が正念場です。

明日はまた仕事で東京に出張して、
そのまま泊まって子供の病院に行く予定です。

昨日、手術は無事に成功しましたので、
あとは日にち薬で徐々に良くなるのを待つます。

また落ち着いたらblogも再開したいと思います。
それではまた。
最新記事
カテゴリ
プロフィール

舞狂小鬼

Author:舞狂小鬼
サラリーマンオヤジです。本から雑誌、はては新聞・電車の広告まで、活字と名がつけば何でも読む活字中毒です。息をするように本を読んで、会話するように文を書きたい。

最新トラックバック
FC2カウンター
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR