書名で50音

 つい先日、ネットのお仲間の方から面白い遊びを教えていただいた。本の題名で50音をつくるというものだ。(“猫のゆり”さん、ありがとうございました。)

 単に思いつく書名を並べるだけでは簡単に終わってしまうので、自分なりに4つの基本ルールを決めた。
  1)エンタメ系の小説から選ぶ
  2)翻訳作品と日本の作品をそれぞれ1作品選ぶ
  3)1作家1作品とする
  4)読んでいない作家・作品は除く
 本当はさらに「長篇から選ぶ」「濁音は対象外として清音のみとする」というのもあったのだが、やってみるとこれがとんでもなく難しい。慌てて4条件に修正した上で、それでも、ああでもないこうでもないと1週間ほど愉しむことができた。
 それではリストを発表しよう(笑)。ただしそんなわけなので、入れたかった作家がどうしても抜けていたり、本来選びたかった代表作が選べなかったりしているが、とりあえずご容赦いただきたい。また「を」と「ん」については、末尾にその字が使われているものを選んである。

 あ 『熱い太陽、深海魚』ジュリ/『赤朽葉家の伝説』桜庭一樹
 い 『犬の心臓』ブルガーコフ/『生ける屍の死』山口雅也
 う 『うたかたの日々』ヴィアン/『歌麿さま参る』光瀬龍 
 え 『エンジン・サマー』クロウリー/『fの魔弾』柄刀一
 お 『オズワルド叔父さん』ダール/『オルファクトグラム』井上夢人
 か 『カエアンの聖衣』ベイリー/『鏡の中は日曜日』殊能將之
 き 『キャッチワールド』ボイス/『狂風記』石川淳
 く 『黒い時計の旅』エリクソン/『グラン・ヴァカンス』飛浩隆
 け 『結晶世界』バラード/『血食』物集高音
 こ 『この狂乱するサーカス』プロ/『甲賀忍法帳』山田風太郎
 さ 『さらば愛しき鉤爪』ガルシア/『さようなら、ギャングたち』高橋源一郎
 し 『師匠たちと弟子たち』カヴェーリン/『神聖代』荒巻義雄
 す 『ストリート・キッズ』ウィンズロウ/『水域』椎名誠
 せ 『世界の合言葉は森』ル・グィン/『占星術殺人事件』島田荘司
 そ 『ソラリス』レム/『蕎麦ときしめん』清水義範
 た 『タクラマカン』スターリング/『探偵の夏あるいは悪魔の子守唄』岩崎正吾
 ち 『地球の長い午後』オールディス/『地球環』堀晃
 つ 『憑かれた女』リンゼイ/『ツングース特命隊』山田正紀
 て 『天の光はすべて星』ブラウン/『敵は海賊・海賊版』神林長平
 と 『トマス・モアの大冒険』ラファティ/『遠きに目ありて』天藤真
 な 『何かが道をやってくる』ブラッドベリ/『ななつのこ』加納朋子
 に 『ニューロマンサー』ギブスン/『日蝕』平野啓一郎
 ぬ 『盗まれた街』フィニイ/『ぬかるんでから』佐藤哲也
 ね 『猫のゆりかご』ヴォネガット/『ねむり姫』澁澤龍彦
 の 『ノーストリリア』スミス/『ノーライフキング』いとうせいこう
 は 『ハロー・サマー・グッドバイ』コニイ/『箱男』安部公房
 ひ 『百年の孤独』ガルシア=マルケス/『光車よ、まわれ!』天沢退二郎
 ふ 『不在の騎士』カルヴィーノ/『富士に立つ影』白井喬二
 へ 『平行植物』レオーニ/『ヘル』筒井康隆
 ほ 『星を継ぐもの』ホーガン/『ぼくのキャノン』池上永一
 ま 『魔法使いの弟子』ダンセイニ/『マインド・イーター』水見稜
 み 『みにくい白鳥』ストルガツキー/『乱れからくり』泡坂妻夫
 む 『ムーミン谷の彗星』ヤンソン/『産霊山秘録(むすびのやまひろく)』半村良
 め 『メデューサの子ら』ショウ/『メンタル・フィメール』大原まり子
 も 『燃えつきた橋』ゼラズニイ/『モッキンポット師の後始末』井上ひさし
 や 『闇よ落ちるなかれ』ディ・キャンプ/『八ヶ岳の魔神』国枝史郎
 ゆ 『ユービック』ディック/『夢十夜』夏目漱石
 よ 『幼年期の終わり』クラーク/『夜のピクニック』恩田陸
 ら 『ライト』ハリスン/『ラピスラズリ』山尾悠子
 り 『リングワールド』ニーヴン/『リンゴォ・キッドの休日』矢作俊彦
 れ 『レンズの眼』ジョーンズ/『レックス・ムンディ』荒俣宏
 ろ 『ロング・グッドバイ』チャンドラー/『六の宮の姫君』北村薫
 わ 『われはロボット』アシモフ/『嗤う伊右衛門』京極夏彦
 を 『きみの血を』スタージョン/『地には平和を』小松左京
 ん 『ダールグレン』ディレイニー/『ボッコちゃん』星新一

 以上、お疲れさまでした(笑)。有名どころからマニアックなものまで色々まじったものになったかな。リストに入れたかった作家はまだまだいるし、学術書やエッセイ、ノンフィクションでも挙げたかった本は沢山ある。いっそのこと小説も学術書も一緒くたにして“ジャンルフリー”としてしまえば、自分が好きな著作家のお気に入りの本だけで出来るかも知れない。そのうち気が向いたら挑戦してみてもいいかもね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

面白いですね、これ!

読んでいる作品で作る、っていうのがいいですよね。
ま、そうしなきゃ反則になっちゃうかな・・・
しかし、翻訳と日本と両方揃えるのは意外と難しくないかしら?

こういうリストを見ると必ずやることですが、私が読んだ本を数えてみました。
さぁ、何冊だと思いますか?(笑) 
 
50音の残念なところは、実際は46字なところ。
よって、100冊でなく92冊のリストになっちゃうんですね。

はい。ズバリ、このリストの約四分の一しか読んでません。
「24冊しか」なのか「24冊も」なのか、どっちなんでしょう?
(ただ3、4冊、読んだか否か判然としないものもあって、27冊かも)

ちなみに、読んだ本は好きなものが多いです♪
今度、私もこれ、挑戦してみますね~

No title

こちらでは初めまして^^

早速挑戦してくださったのですねw 濃い~リストで、さすがです。
エンタメ系に限ったのは何か理由があったのですか?
文芸系の難解な小説が並ぶのかと思っていたので少し意外でしたw。

『猫のゆりかご』(私のHNの元)、『ユービック』『うたかたの日々』『天の光はすべて星』などなど、好きな作品がたくさんあって嬉しかったです。

日本の作家のはほとんど未読(汗)なので、これから読んでいきたいです。
恩田陸とか加納朋子さんまで読まれているのも嬉しかった。

学術書やノンフィクションでも是非やって欲しいです(読書の指針にしたいのでw)お願いします。

No title

とても、面白い遊びですね。

私も今度、挑戦してみます(^^)。

ただジャンルフリー、
家にあって、未読の本も条件に入れないと
無理そうです。わたしの場合(笑)。

紹介されている本どれも興味深く参考になりました。


彩月氷香さま

そうなんですよ、最初は翻訳物と日本物をごちゃまぜでリストアップしてたんです。

でも著者名に片仮名と漢字がまじって字面がきれいじゃ無かったんで、分けて揃えようとしたのが運のつき、かなり大変でした(笑)。その分、面白かったですけどね(^^)。

約四分の一読まれてるんですか。かなりマニアックなのもはいっているので、それだけ読まれてるなら「しか」じゃなくて充分に「も」の方だと思いますよー。

いつか挑戦されるのを楽しみにしておりますw。

猫のゆり様

ようこそ、いらっしゃいませw

「エンタメ系」といいながら、安部公房や夏目漱石や平野啓一郎なんかが入ってしまって変ですね(笑)。でも、どれも自分としてはエンタメとして読んだ作品ばかりなのです。

あんまりマニアに走り過ぎたリストでは見てる方が詰まらないので、素直なのもなるだけリストに加えました。エンタメにしたのも、なるべくなじみ深い方がいいかな~と思ったからです。
(あ、でもここに選んだ作家はもちろんどれも好きな作家ですよ♪)

ノンフィクションかノンジャンル版もそのうち考えてみますね。でもうまく自分の好きな書名が揃わなかったら、もしかすると五十音はやめてMy Favoritesみたい単なる羅列にしてしまうかも...。もしもそうなったらごめんなさいね~(^^;)。

みどりのほし様

面白いですからぜひぜひお試しをw。

同じ作家から何冊もOKにして、海外と日本も混ぜてOKということにすれば、そんなに難しくならないと思いますよ。

作品については、(五十音を揃える都合で)やむを得ず地味なのを加えたところもありますが、作家については、選んだのはどれも好きな人ばかりですw。
最新記事
カテゴリ
プロフィール

舞狂小鬼

Author:舞狂小鬼
サラリーマンオヤジです。本から雑誌、はては新聞・電車の広告まで、活字と名がつけば何でも読む活字中毒です。息をするように本を読んで、会話するように文を書きたい。

最新トラックバック
FC2カウンター
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR