作家の名前を漢字になおす

 今回はちょっとばかり遊んでみたい。
 シェイクスピアのことを「沙吉比亜」とか「沙翁」と漢字で書いたりするが、外国人の名前を漢字になおすには、万葉仮名みたいに文字の意味ではなく発音だけを使う場合と、意訳をする場合がある。先日、ツイッター上で外国人作家の名前を漢字にする遊びを見かけたので、真似して自分でも色々考えてみた。(*)
ただし取り上げるのは割とマニアックな作家が多いので、知らない人には大変申し訳ない。(笑)

   *…そもそも自分の「舞狂小鬼」という名前からして、マイクル・コーニイ(コニイ)
     という作家のもじり。単純に漢字にするだけではなくて、日本語としても意味が
     通じるので結構気に入っている。

 先日のツイッターでは、翻訳家の増田まもる氏がイアン・ワトスンという作家を、「慰安倭都寸」と変えていた。それを受けて(かな?)、作家の伊東麻紀氏が考えたのが「江戸無頼暗徒(エド・ブライアント)」という名前。(ちなみにどちらも、かなり通好みの作家だ。)
 SF作家つながりだと、昔、マンガ家の吾妻ひでお氏が、映画『2001年宇宙の旅』の原作者アーサー・C・クラークや、『夏への扉』のロバート・A・ハインラインという作家をもじって、それぞれ「朝苦楽」とか「杯雷・ん」といったキャラを登場させていた。(後者は結構ムリがあると思うが。/笑)。それで自分でも御三家SF作家の残るひとり、『わたしはロボット』のアイザック・アシモフについて、「麻縞布」なんてオリジナルを考えてみたりして…。
 それでは自分が考えた作家の漢字、まずはSF系から順に挙げていこう。(後ろに書いたのは主な作品名。)

  ・阿修羅 瑠倶印/アーシュラ・K・ル=グイン 『ゲド戦記』『闇の左手』など
  ・棲谷洲話富 零無/スタニスワフ・レム 『ソラリス』『完全な真空』など
  ・舞狂 僧正/マイクル・ビショップ 『焔の眼』『樹海伝説』など
  ・炉邪 是螺頭似/ロジャー・ゼラズニイ 『光の王』『地獄のハイウェイ』など
   (なんだか原発事故みたいな名前になってしまった。)
  ・塵狼/ジーン・ウルフ 『ケルベロス第五の首』『拷問者の影』など
   (「寺院 売譜」や「遺伝子 狼」なんてのも考えてみた。)
  ・乱愚頓 如怨頭/ラングトン・ジョーンズ 『レンズの眼』など
   (さすがにこの作家を知っている人は少ないだろうな。)
  ・中国 見栄建物/チャイナ・ミエヴィル 『都市と都市』など
   (なんだか中国にケンカを売っているみたいな。/苦笑)
 うーん、ル=グインかレムくらいしか知らない人も多いかも。(もしそうだったらごめんなさい。)中にはゼラズニイみたいに結構苦しいのも混じっているが、概ね何となく意味がありそうな感じには出来たかな?(笑)

 ミステリ作家では、とりあえず有名どころを3人だけ。
  ・亜雅沙 栗巣亭/アガサ・クリスティ 『オリエント急行殺人事件』など
  ・偉利 女王/エラリー・クイーン 『エジプト十字架の謎』『Yの悲劇』など
  ・木偶寸 伽/ディクスン・カー 『火刑法廷』『三つの棺』など
 他にも作家を思いつくままに書き出していったら、「短刀徒穢府数寄(ドストエフスキー)」とか「案奴隷震沌(アンドレ・ブルトン)」といったのも出てきたが、さすがにくたびれてきたのでここらで打ち止め。あとはノンジャンルということで、4人ほど挙げて終わりにしよう。
  ・波風呂 比過疎/パブロ・ピカソ
  ・新智慧/ニーチェ
  ・鰓棲巣/エラスムス
   (中世ヨーロッパの神学者ですな。)
  ・無頼庵 笛吏/ブライアン・フェリー
   (ロックバンドROXY MUSICのボーカル。ファンなんです。)

 以上、お粗末さまでした。またいつか気が向いたらやってみよう。

<追記>
 書いているうちに思ったのだが、これって何だか渡辺一夫氏の訳した『パンタグリュエル』とか柳瀬尚紀氏の『フィネガンズ・ウェイク』みたいだ。昔から「ガイブン(外国文学)好き」に許された秘かな愉しみだったりして。(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

例にあげられたマイクル・ビショップも、なつかいいラングドン・ジョーンズも、さらにはロジャー・ゼラズニーも、一度は訳したことのある作家たちなので、とても楽しませていただきました。そのうえ、ブライアン・フェリーのファンだとは。ぼくも彼のファンなんですよ。とりわけアヴァロンとスレイヴ・トゥ・ラブは、ロックのひとつの到達点だと思います。

ありがとうございました

まもる様 こんにちは。

でたらめな当て字あそび、お恥ずかしいですが、幸いにも楽しんでいただけたようで良かったです。ツイッターでのつぶやきを使わせていただきまして、有難うございました。

ブライアン・フェリーお好きなんですね! それはとっても嬉しいです。疲れた時などに、ときどき車の中で聴いていますが、「ビロードの感触」という言葉がまさにぴったり。「癒されて」おります(笑)。
最新記事
カテゴリ
プロフィール

舞狂小鬼

Author:舞狂小鬼
サラリーマンオヤジです。本から雑誌、はては新聞・電車の広告まで、活字と名がつけば何でも読む活字中毒です。息をするように本を読んで、会話するように文を書きたい。

最新トラックバック
FC2カウンター
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR