マンガ・映画・音楽など_My favorite 21

 ※今回は昔の思い出にどっぷり浸かったマニアックな趣味が全開の話なので、興味のない方は
  どうぞ読みとばしてください。

 これまでの『My favorite』では活字本を中心に書いてきたので、今回は趣向を変えて活字以外の諸々について、気の向くままに書き連ねてみたい。もう何年も実家に置きっぱなしで、とんとご無沙汰しているものや、今でも時折手に取ってみるものまで色々あるが、いずれにしても他の人には理解頂けない話が多くなりそう。(笑)
<マンガ>
 ますむらひろしと諸星大二郎については以前に書いたことがあるが、小さい頃からマンガを読みまくっていたせいで、お気に入りだった作家は他にも大勢いる。思いつくままに挙げてみると、大友克洋・水木しげる・たむらしげる・鴨沢裕仁・村野守美・高橋葉介・森雅之・寺島令子・吾妻ひでお・つげ義春などなど。(きりがないのでこれくらいで。/笑)思い返してみると、高校から大学のころはマンガ雑誌に片っ端から目を通していた気がするなあ。ホントに勉強やってたんだろうか。(^^;)
もちろん少年誌に載った有名な作品も読んではいたが(*)、どちらかというと思い入れが強かったのは、『ガロ』や『まんが少年』など少し傍流(失礼)の雑誌に載っていたマンガ家の方。

   *…いわゆるジャンプ/マガジン/サンデー/チャンピオンの4大少年誌はもちろん、
     ビッグコミックやアクションといった青年誌まで、気になる作家は毎週一通り目を
     通していたはず。大御所では手塚治虫や永井豪に望月三起也といったあたりから、
     池上遼一(『男組』)や鴨川つばめ(『マカロニほうれん荘』)も大好きだった。

 先ほど名前を挙げたマンガ家には有名なのから“知る人ぞ知る”というのまで色々だと思う。わからない人にはつまらない話が続いて申し訳ないが(笑)、記憶の中からいくつか引っ張り出してみよう。
■大友克洋
  一般的には『AKIRA』や『童夢』といった長篇作品が有名だし確かに面白いのだが、
  初期の『ショートピース』や『さよならニッポン』といった短篇集の味も捨てがたい。
  「宇宙パトロールシゲマ」のとぼけた感じや、「聖者が街にやってくる」の感動が好きだ
  なあ。
■水木しげる
  今や押しも押されもせぬ大作家だが、自分が夢中になっていた頃はかなりマニアックな
  人気を誇っていた気がする。一番好きなのは『悪魔くん千年王国』と『墓場の鬼太郎』。
■たむらしげる
  昔「ブロードキャスター」というニュース番組の冒頭にかかっていたアニメを覚えている
  人はいるだろうか? もともとイラストレーターだけあり、透明感溢れるスマートな絵柄
  とファンタスティックなストーリーがマッチして好い雰囲気。『フープ博士の月への旅』
  とか『スモール・プラネット』『水晶狩り』などは何度読み返したことか。
■鴨沢裕仁
  『ビックリハウス』という雑誌の表紙に起用されていたので、絵を見れば思い出す人も多
  いはず。作風は稲垣足穂の影響をかなりうけているが、絵柄のせいで全体の印象はもっと
  ポップな感じ。『クシー君の発明』や『クシー君の夜の散歩』が好きだった。
■村野守美
  アクションに掲載されていた『オサムとタエ』のシリーズが甘酸っぱい感じで好きなのだ
  が、単独作品としては『スーパーマンの息子』という本に収録の「マイ・ドラキュラ」が
  最高。昔角川が作ったアニメ『カムイの剣』のキャラクターデザインの人といえば分かる
  かな?

<映画>
 映画は黒沢明など邦画の全盛期をしらない世代なので(あとでテレビやビデオでみた)、もっぱら洋画ばかり見ていた。監督や俳優にはさほどこだわりがなくて、面白ければアクション物でもパニック物でもコメディでも何でもOK。あ、でもアンドレイ・タルコフスキーやルイス・ブニュエルが監督した作品などは、新作が映画館にかかると大概は観に行っていたかも。スピルバーグやジョージ・ルーカスあたりの王道エンタメ作品も観ていたけど、マンガと同じく映画でも生来のマニアックな性格が見え隠れしている気が。
自分の場合、映画でいちばん基礎になったのはテレビの洋画番組。(**)いわゆる往年の名画といわれるものは、テレビで一通り観た気がする。『サウンド・オブ・ミュージック』『大脱走』『パピヨン』『アラビアのロレンス』『夜の大捜査線』『セルピコ』『イルカの日』『ブラザーサン・シスタームーン』などなど。今ではなかなか時間が取れなくて、じっくり映画を見る機会も減ってしまったけれど、大スクリーンでみるワクワク感はやはり捨てがたいものがある。TOHOシネマズでやっていた『午前十時の映画祭』のような企画はこれからも大歓迎。

  **…荻昌弘が解説をやっていた『月曜ロードショー』に始まり、水曜日は水野晴郎の
     『水曜ロードショー』。金曜日は高島忠雄の『ゴールデン洋画劇場』を見て日曜日
     に淀川長治『日曜映画劇場』で〆るというのが定番。昔はテレビで結構いい映画を
     やっていた。

<音楽>
 最後は音楽について。一番音楽を聴いたのは大学生および社会人になって数年の間だと思う。邦楽だと、ちょうどその頃のバンドブームで登場した中から、やはり例によってマニアックなのを(苦笑)聴いていた。例を挙げればテレビ番組『いかすバンド天国(イカ天)』でメジャーになった「たま」や「人間椅子」「ビギン」「フライング・キッズ」や、先回も取り上げた筋肉少女帯。そうそう、昔からのバンドではRCサクセションも大好きだ。洋楽は友人の影響で聴き始めたプログレッシブ・ロックが気に入って、キング・クリムゾンとかYES、EL&P、ジェネシスあたりは一通り。でも洋楽の場合は他にもレッド・ツェッペリンやドアーズ、ボブ・ディランにスティーリー・ダンまで節操無くなんでも聴く雑食系。その中でも好きなのはちょっとひねくれた感じのポップロックかな。一番好きなのはXTCというバンドで、他にもスクィーズやエルビス・コステロ、ロキシー・ミュージックやトーキング・ヘッズなどがお気に入り。(このあたりはいまだに通勤途中にかけたりもしている。)
 
 うーん、あんまり細かくして殆どの人に分からない話題を書いてもしかたないと思い、かなり大雑把にしたつもりだったのだが...。こうして改めて眺めてみると、なんとも偏った趣味嗜好だなあ。つねにメジャーな位置から外れよう外れようとしている自分が居るようで、読んでいて何とも気恥かしい。
 まあこんな人間でも、一応は普通の社会生活を送れている(と自分では思っている)のでご安心を。(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

舞狂小鬼

Author:舞狂小鬼
サラリーマンオヤジです。本から雑誌、はては新聞・電車の広告まで、活字と名がつけば何でも読む活字中毒です。息をするように本を読んで、会話するように文を書きたい。

最新トラックバック
FC2カウンター
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR