『孔子伝』 白川静 中公文庫

 漢字研究などで有名な白川静による、儒学の創始者・孔子の評伝。『呪の思想』などの対談集で著者が語るところによると、白川はもともと日本の古代王朝の成り立ちを解き明かそうというのが夢だったそうだ。しかし日本には文字による記録が残されていないため、まずは文字による記録が残っている古代中国の文化研究を行ったのだとか。日本と中国は習俗や死生観を同じくする「(著者曰く)沿岸の文化」に属しているとはいえ、えらく遠回りをしたものだ。しかもその準備として、長年に亘って漢字を殷の時代の甲骨文字にまで遡って緻密に解析し、語源を解き明かすところから始めたというのだから畏れ入る。(尤もそのおかげで『字統』などの“字典”や古代中国の神話・文化の研究など、多くの実りある副次的成果を生んだわけだが。)
 中国で後世に最も影響力をもった思想・儒教と、その創始者とされる孔子についての研究もその成果の一つであり、本書は白川が精緻を極めた分析によって孔子の「本当の姿」を示したもの。初出は1972年だそうだが、当時流布していた「論理と礼節の人」や「怪力乱神を語らなかった現実主義者」といった孔子のイメージとは一線を画する、画期的な評伝といえるだろう。
 本邦では儒学というと朱子学や陽明学などの歴史的な背景もあり、規律を重んじる御用学として見られることが多いのではないだろうか。(少なくとも自分はそうだった。)今でもよくビジネスマン向けの文庫なんかで「論語に見る○○」みたいな取り上げ方をされる事も多い(というより、そんな取り上げ方しかされない)ところをみると、本書の解釈が現在でも充分に人口に膾炙しているとは思えない。逆に体制批判の立場からすれば、孔子は世界を不幸にした思想を作り上げた張本人ということになろうか。しかし本当はそうでは無かったのだよ ―― というのが、本書で著者が静かに語りかけていることだ。
 かなり有名な本のようだが恥ずかしながら自分は全く知らず、先述の『呪の思想』において哲学者の梅原猛が本書を絶賛しており興味をもった次第。早速読んでみたところ、自分は本書で初めて知った事も多く、孔子に対するイメージが大分変った。(*)

   *…実は本書による孔子のイメージは、諸星大二郎によるマンガ『孔子暗黒伝』や
     酒見賢一による伝奇小説『陋巷に在り』で描かれていたものに近いといえる。
     かなり昔にそれらを読んだときは単なる創作だろうと思っていたのだが、
     発表年代を考えると逆に本書を元にしてそれらの作品が作られたのかも知れないと
     いうことに、遅ればせながら今気が付いた。

 早速だが、本書による記述の具体例を挙げてみよう。

 1)『論語』の成立には孔子本人は関与しておらず、後世(100年以上後?)の人が編纂した
   もの。いってみればユダヤ教の一分派だったイエスの教えを後のパウロがキリスト教と
   いう教団化したのに近い。そしてその過程で孔子自身のものとは違う思想が盛り込まれ、
   やがて「儒教」の形が整えられていった。

 2)現在の孔子本人に対する評価は、司馬遷が書いた『史記』の中の「孔子世家」による
   ものが多い。しかし「孔子世家」は『史記』の中でも最も杜撰で、間違いや食い違いも
   多くて当てにならない文献である。そこには孔子は諸国の列侯の嫡子として紹介されて
   いるが、それは真っ赤な偽りで実は卑賤の出身。(おそらくは、父の名も知れない
   「巫女の庶生子」であったと思われる。)

 3)孔子の出身は古代から葬礼を取り仕切ってきた「儒(≒巫祝者)」の系譜であり、若い
   ころに礼楽一般の教養を修めようと志したことが後の該博さの基礎になっている。
   (当時は詩経や楽謡、それに呪(まじな)いは未分化であった。)

 4)孔子は理想主義者ではあったが夢想ばかりしていた訳ではない。短い期間しか仕官する
   ことが出来ず14年の長期に亘って漂泊を繰り返したのは、おそらく孔子によく似た思想
   をもち、且つ孔子よりも策略に長けた「陽虎」の存在による。似て非なるが故にお互い
   相いれないがため、陽虎が孔子の向かう国に先んじて取り入るなどの不幸が重なり、
   結果として孔子はそこを避けて別の国に移らざるを得なかった。
   しかしその14年に亘る亡命生活により、孔子の思索はより純化されて稀代のレベルに
   まで達する事が出来たともいえ、(孔子本人にとってはともかく)後世の我々の目から
   見ればあながち悪いことばかりではない。

 5)孔子の教えとは古代から伝わる「儒」の教えを普遍化したものといえる。つまり孔子は
   “創始者”ではなくて“集大成者”。孔子は過去から伝わるそれらの思想を託して
   「理想」として纏め上げた対象が「周公」という人物。なお孔子が語った内容は直接的
   には伝わっておらず、『論語』を始めとする後世にまとめられた文献を通じて窺い知る
   ほかない。(このあたりもイエスとキリスト教の関係に近い。)

 6)『論語』は後の「賤儒」「犬儒」らにより捻じ曲げられて付け加えられた文章も多く、
   キリスト教における聖書と同様に厳密な原典批判を必要とする。格言集として自分が
   好いと思うところだけを取り入れるならまだしも、中国思想の精髄として無批判に全て
   を参考にするのはナンセンス。(孔子本人の考えに近いのは、儒学の後継者たる荀子ら
   よりも、むしろ荘子ではないか?というのが著者の主張。)

 本書で初めて示唆された事は、ざっと挙げてみただけでもこれくらいはある。細かく言うと切りがないくらい。これだけでも「勉強」になって自分としては充分に満足の得られた読書体験だったのだが、本書がそこらの学術書と一線を画している理由は別の点にある。
 本書が書かれたのはちょうど学生運動が華やかりし頃。また海の向こうの中国では文化大革命による現代版の「焚書坑儒」が進行中であった時代。もともと筆者の立場は、荀子などのように後年に形骸化して体制保持の道具と化した儒学はもとより認めず、中国思想の精粋は老荘思想にこそある、ということようだが孔子だけは別格なのだそうだ。心より敬愛している様子が本書を読むとひしひしと伝わってきて、孔子(自身)の思想の深さと生きざまの素晴らしさにほれ込んだ白川静が、学究の徒としての自分自身を投影したのではないかという気もしてくる。(肥大したカトリック教団を認めず、ナザレのイエスの教えに原点回帰した“アッシジの聖フランチェスコ”をちょっと連想してしまった。)
 14年に亘る亡命生活や困難にも挫けず思索を深め、一方で子路や顔回という愛弟子の死に際しては激しい心情も覘かせる孔子。そして綿密な原典批判によってその本当の姿を初めて明らかにした白川静。数千年の時を超えて2人の「孤高の人」が交流する姿は感動的ともいえる。すなわち本書はすぐれた学術書であるとともに、すぐれた文学性も備えた稀有な本といえるだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

舞狂小鬼

Author:舞狂小鬼
サラリーマンオヤジです。本から雑誌、はては新聞・電車の広告まで、活字と名がつけば何でも読む活字中毒です。息をするように本を読んで、会話するように文を書きたい。

最新トラックバック
FC2カウンター
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR