2年目を迎えて

 先日も書いたように、2月28日でこのブログを初めてからちょうど1年が経った。で、とりあえず「2年目を迎えて」という題材で何か気の利いたことでも書こうと思ったのだけれど、急に浮かんでくる訳もない。(笑) 
 しかし折角の機会なので、もう一度ここらで改めてこのブログのスタンス(らしきもの)を説明しておくのも良いかも知れない。これまでにちらほら書いてきたことの繰り返しになるが、「こんなつもりで書いているんだよ」ということを理解して頂ければありがたい。

 1)特定の本の悪口は書かない
   あちこちのブログを覗いていると、単に自分の好みに合わないだけでその本を罵倒
   するような文章を書く方もお見えになるようだ。しかし自分が好きな作家や本をけなされ
   悲しい思いをした経験は誰しもあるはず。なので、自分としてはそんな文章をここにUP
   する気はない。自分の考えがそんな立派なものじゃないのも重々自覚してるし。(笑)
   また大抵の本であれば、どこかしら面白いところを見つけて愉しむ力だけはそれなりに
   つけてきたつもりなので、好いところを見つけて褒めるようにしている。なお学術系の
   本については、納得できない点があれば書いているが、決して悪口ではなく建設的意見の
   つもりなのでご容赦を。フィクションに関しては愉しみ方は人によって千差万別なので
   なおのこと。もしも自分が苦手とする話であったとしても、どこかにその本を大切に思う
   人がきっといる筈。その人のためにも極力いいところを見つけて褒める。どうしても見つ
   からないときは...とりあげない。(笑)

 2)好きなことしか書かない
   正しい本の読み方というのがある訳じゃなし、どんな読み方をしても自由なはず。
   ということで、自分の気持ちに素直な感想を書き連ねる事にしている。中には的外れな
   意見を書く事があるかも知れないが、それもまたひとつの解釈ということで大目にみて
   頂きたい。

 3)その本を読んでいない人でも分かるように書く
   基本的に、数年後の自分に向けた書き方をしようと考えている。なぜなら数年後には
   読んだ本の内容を大分忘れてしまっていると思うから。(笑) 従ってその本を読んだ
   ことがある人には本の中身が蘇るように、また読んでいないひとには(ネタばらしを
   避けつつ)興味が湧くような書き方を心がけるようにしている。

 4)本のジャンルは適当
   読む本は特にジャンルを定めず広く浅く読んでいるので、ブログにもそれがモロに反映
   されている。(笑)
   一応、好みとしては①自分にとって新しいコト(知識)、②不思議な話(幻想/SF/
   ミステリなど)、③粋(イキ)なヒト/モノの3つがあり、ここに引っかかってくる本
   なら学術書だろうが小説だろうが何でもアリ。すきな著述家は数多く、多くは
   『My favorites/お気に入り』に挙げてあるのでご参考に。(まだ全部じゃないので、
   残りはおいおい挙げていくつもり。)

 5)たまには本の感想だけでなく映画や雑文も
   書籍の感想だけでなく、たまには本および活字の文化に関する雑文を書いてみたり、
   気の向くままの「お気らく」で進めていきたい。

 ということで、好きな“活字”にまつわるあれこれを、これからも今までのようにダラダラと書き連ねていくので、宜しくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

舞狂小鬼

Author:舞狂小鬼
サラリーマンオヤジです。本から雑誌、はては新聞・電車の広告まで、活字と名がつけば何でも読む活字中毒です。息をするように本を読んで、会話するように文を書きたい。

最新トラックバック
FC2カウンター
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR