『巨人ポール・バニヤン』 ベン・C・クロウ編 ちくま文庫

 副題に「アメリカの奇妙な話」とあるように、アメリカに伝わる様々なジャンルの説話を集めた説話集。続巻の『ジャージーの悪魔』とセットで全2冊になっている。ひとくちに「説話」といっても範囲が非常に広いが、本書(および続巻)においても、都市伝説/ホラ話/おとぎ話/宗教講話/歴史に関する通説など、大変にバラエティにとんだ多くの話が収録されていてとても面白い。監修および解説の西崎憲氏によれば、元の本はもっと大部なものであって、その中から特に日本人好みのものを精選した抄訳とのことらしい。余談だが、説話研究というのは分野でいえば民俗学に属するもの。民俗学といえば日本では柳田國男の『遠野物語』などが有名だが、アメリカでは説話以外に音楽分野の研究もさかんらしい。そちらのジャンルはよく知らないが、ギターやバンジョーの弾き語りによるフォークソングやブルースの成立背景などを研究するのかな?
 題名にある「ポール・バニヤン」とは、アメリカ人なら皆知っている有名なおとぎ話の主人公で、天を衝くような大男の樵(きこり)。かなり昔にNHKで彼を主人公にした子供番組を見て以来ひそかにファンだったのだが、本書が刊行された時には見逃してしまった。その後、ふとしたことで知ってから1年余り捜していたのだが、残念なことに現在では2巻ともに絶版との事。つい先だって古本屋で見かけてやっと購入した(*)。
 買って早々に1巻目(『巨人ポール・バニヤン』)を一気に読み切ってしまった。もったいないので2巻目(『ジャージーの悪魔』)はもっとちびちび読もうと思ったのだが、結局そちらも一気読み。『聊斎志異』や『捜神記』、『耳嚢』や『日本霊異記』『今昔物語』といった類の本はもともと“大好物”なのだ。それにポール・バニヤン以外にもデイビー・クロケットなどお馴染みのキャラクター達がぞくぞく登場するので、読んでいると知らず知らずのうちに顔がにやけてくるのがわかる。

   *…2冊セットで1500円とちょっと高めだった。そのことをツイッターで書いたら
     西崎氏ご本人からのご返事を頂いて、とても驚くとともに嬉しかった。
     しかしそこら辺のエピソードは本書の内容とは直接は関係ないので省略。(笑)

 冒頭の「都市伝説」の章を読んだ時には、『聊斎志異』(蒲松齢)のように本書でも著者(クロウ)が狂言回しとなって語っていくのかと思ったがそうではなく、集めた話をそのままの形で記載しているものが多い。最近の例で言えば『新耳袋』シリーズの体裁を思い浮かべてくれれば分かりやすいと思う。解説でも西崎氏が『耳嚢』(根岸鎮衛)を喩えに出していたので納得。
 とくに気に入ったのは(「ポール・バニヤン」の話はもちろんだが)、本書で言うと中盤の「熊、狼、栗鼠」や「狩猟と釣り」あたりの章。それらを読んでいると、『トムとジェリー』や『ロードランナー』などのカートゥーン(=昔風に言えば子供向け“まんが映画”)に出てくるギャグの多くは、アメリカの伝統的なホラ話の系譜であることに気が付いた。簡単な例を挙げると、ロードランナーを捕まえるためにコヨーテが用意する道具が段々と大袈裟なものになっていったり、ジェリーによってトムが遭わされる災難が次々エスカレートしていったりするシーンなどがそう。
 思えばR・A・ラファティやテリー・ビッスンといった作家たちも、ホラ話の要素をふんだんに取り入れた作品を沢山書いてるし、ホラ話というのはアメリカ文化を理解する上で大事なキーワードのひとつなのかも。説話とかアメリカ文化の源流に興味がある人は、どこかで見かけたら是非読んでみるといいかもね。

<追記>
 ちなみに続篇の『ジャージーの悪魔』も、悪魔や魔女に関する説話や、「アラモの戦い/トラヴィス中佐」の歴史的エピソードなど(=日本でいえば「白虎隊」や「西南戦争/西郷隆盛」みたいな悲劇の英雄ネタ)が載っていて、本書と同じくらい面白い。

<追記2>
 ところでちくま文庫とちくま学芸文庫、それに講談社学術文庫って良い本を出してくれるけどドシドシ絶版にするなあ。こういう本こそ速やかに電子書籍化してロングテールで売ればいいのに。ちくま&講談社学術系と平凡社ライブラリーの絶版本が電子書籍になるなら、すぐにでも電子ブック買いに行っちゃうけどねえ。(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

舞狂小鬼

Author:舞狂小鬼
サラリーマンオヤジです。本から雑誌、はては新聞・電車の広告まで、活字と名がつけば何でも読む活字中毒です。息をするように本を読んで、会話するように文を書きたい。

最新トラックバック
FC2カウンター
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR