My choice/2010年印象に残った本

 2010年のblogを締めくくるにあたり、今年読んだ本の中から特に印象に残ったものを挙げて
おこう。―― 題して“マイチョイス”

<新刊部門> ―今年出版された本―
『極限の科学』 伊達宗行 講談社ブルーバックス
  *超低温・超高圧などの極限状態における物性の研究者自身が、最新知見を分かりやすく
   紹介。良い科学読み物に出会えるとすごいストレス解消になる。
『宇宙飛行士オモン・ラー』 ヴィクトル・ペレーヴィン 群像社
  *いかにも旧ソ連っぽい無骨な小説。口当たりが良い英米のSFを読み続けていると、
   たまにこんなのが読みたくなる。ネタばらしになるので言えないが、某映画とアイデアが
   かぶっているのはご愛敬。
『質量はどのように生まれるのか』 橋本省二 講談社ブルーバックス
  *好きとか嫌いとか人間関係のドロドロした世界を遠く離れて、純粋に物理事象を追求
   する自然科学の本は、(『極限の科学』と同様、)読んでいて心洗われる。10月に読ん
   だ『インフレーション宇宙論』も大変よかったが、既に知っている内容が多かった
   のがちと残念だった。
『ピエール・リヴィエール』 M・フーコー編著 河出書房新社
  *フーコーの本格的な著作を初めて読んだけどとても面白かった。これ以来、『監獄の
   誕生』や『狂気の歴史』を無性に読みたくなった。
『ここがウィネトカなら、きみはジュディ』 大森望編 ハヤカワ文庫
  *SFの「物語としての面白さ」を満喫できた。今年出版された数多くのアンソロジーの
   中でも、面白さでは群を抜いている。
『トランスクリティーク』 柄谷行人 岩波現代文庫
  *そのボリュームゆえ読もうか読むまいか正直迷ったのだが、思い切って読んで良かった。
   カントとマルクスの批評的解読によって現代社会が直面する難問を解決しようとする
   試み。思想家は現代に直結していてこそ存在意義があるとする著者の姿勢が潔い。
『エステルハージ博士の事件簿』 アブラム・デイヴィッドスン 河出書房新社
  *「何度も読み返したくなるかどうか」という基準で考えると、“My favorite”の一冊に
    入れても良いかも。一冊で色々な角度から愉しめる。

<既刊部門> ―古本・絶版とりまぜてとにかく今年自分が読んだ本―
『二十世紀の知的冒険』 山口昌男 岩波書店
  *対談集なのだが、自分が知らなかった人を沢山取り上げてくれるので、これから新しく
   チャレンジしたい本のネタ探しに最適。すごく古い本だけどとても「勉強」になった。
『空の思想史』 立川武蔵 講談社学術文庫
  *仏教の根本にある「空」の思想を懇切丁寧に解説。読んでいる間中、自分でも脳味噌が
   興奮しまくっているのがわかった。(笑)
『知覚の呪縛』 渡辺哲夫 ちくま学芸文庫
  *臨床精神科医である著者が、統合失調症の患者との10年を書きつづった本。全身全霊を
   傾けた取り組み方は半端じゃない。読んでるうちに思わず居住まいを正された。
『アフォーダンス入門』 佐々木正人 講談社学術文庫
  *この本の”アフォーダンス理論”と『知恵の樹』の”オートポイエーシス理論”、
   それに”アポトーシス理論”を加えた3つ巴の戦い(笑)が、今年いちばん自分の頭を
   悩ませたネタだった。一応自分なりには決着つけることは出来たけど。
『定本 想像の共同体』 ベネディクト・アンダースン 書籍工房早山
  *社会学や経済学や(本書のように)政治学系の本を読むと、現実世界を読み解く力が
   すこし付いた気がして嬉しくなる。これは良い本だった。

<特別賞(笑)> ―本ではないけれど特別に―
 『午前十時の映画祭』 TOHOシネマズ
  *『パピヨン』『ゴッド・ファーザー』『ベン・ハー』『アラビアのロレンス』など
   往年の名作映画を久方ぶりに(しかも大スクリーンで!)見ることが出来たのは今年の
   大収穫。来年の第2シリーズも必ず行くつもり。

【中入り】
 2月に生まれて初めてのblogを立ち上げて、ここまで好き勝手書き散らしてきましたが、2010年のblog更新もこれが最後となります。ここまでお付き合い頂いた方々には大変ありがとうございます。(訪問頂いた皆さんから色んな形で元気をもらってます。)
 2011年もこの調子で続けていきますので、末長いお付き合いをお願い致します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

舞狂小鬼

Author:舞狂小鬼
サラリーマンオヤジです。本から雑誌、はては新聞・電車の広告まで、活字と名がつけば何でも読む活字中毒です。息をするように本を読んで、会話するように文を書きたい。

最新トラックバック
FC2カウンター
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR