『次に来るメディアは何か』 河内孝 ちくま新書

 題名を読んで勘違いしてしまったのが敗因だった。「これから伸びていくであろう新しい情報技術をネタに、将来の生活がどんな風に変わっていくかを敷衍する本」だろうと想像して買ってしまったが、全く違っていた。勝手に意味を読み違えたこちらに非があるんだが、ちょっと題名に偽りがあるんじゃないかと文句をいいたい。この題名でも確かに間違ってはいないが、正しくは「次のメディア」ではなく「日本国内の今のメディア(のビジネスモデル)はこれからどうなるか」だろう。著者履歴をもっとキチンと読めば良かった。前に読んだ『新聞社-破綻したビジネスモデル-(新潮新書)』と同じ、毎日新聞の元常務だった人だ。とすればガチガチに文系なので、技術の話が書かれた本ではないことくらいすぐ分かったろうに。
 でもまあそのつもりで読めば、サクサク読み進めるし要領よくまとめてあるので、さほど貶すほどでもない。可もなく不可もなくというところか。惜しむらくは筆者の興味が新聞/テレビ/インターネットの3つのメディアに限られていること。したがって新聞業界の現状については前に読んだ同著者の『新聞社』と同じだし、テレビについては同じく前に読んだ『電波利権(池田信夫・新潮新書)』の内容に依るところが大きいので、新鮮味がなかった。
要点を簡単にまとめると、”①新聞もテレビもインターネットのせいで売上げが減るので、水ぶくれ体質のせいで淘汰されていく。”、”②生き残るために、様々なメディアを経営統合した「メディア・コングロマリット」が進む。(これは今のアメリカでおこっていること)”ということ。
 今の「メディア・コングロマリット」には弊害もあるので、いいところだけを真似して「メディア・インテグレーター」を目指すべきだというのが筆者のオリジナルの主張のようだが、肝心の「メディア・インテグレーター」が何なのかはっきり書いてないのはダメだろう。それとも著者も明確なイメージを持っていないということだろうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

舞狂小鬼

Author:舞狂小鬼
サラリーマンオヤジです。本から雑誌、はては新聞・電車の広告まで、活字と名がつけば何でも読む活字中毒です。息をするように本を読んで、会話するように文を書きたい。

最新トラックバック
FC2カウンター
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR