『寝ながら学べる構造主義』 内田樹 文春新書

 無事に「内田デビュー」を果たしてからの2冊目。他にお薦めされた本もいくつかあるんだけど、取り敢えず著者のバックボーンがどんな感じか知りたくて、今回は「構造主義」の解説本を選んでみた。結果は大正解。『街場のメディア論』を読んだ時にモヤモヤしていた、著者が拠りどころにする考えについて、ある程度はっきりした気がする。
 最近のベストセラー群で内田樹がしているのは、世の中の色んな物事を対象に自分なりの流儀で「料理」することだが、それらの”食材“を切るための道具(の少なくともひとつ)に、「構造主義」を始めとするフランス現代思想を使っているというのが分かった。プロフィールを見ても「フランス現代思想」と書いてあるだけで詳しい専攻は書いていないけれど、少なくとも本書でとりあげているソシュール、フーコー、バルト、ラカン、レヴィ=ストロースはしっかり読み込まれている。(ドゥルーズやデリダなどの「ポスト構造主義」なんかはどうなんだろう? 判りやすさが身上の人だから、読みにくい「ポスト構造主義」は、たとえ読んでいたとしても好きじゃないかも知れない。またサルトルの実存主義なんかはどうなんだろうね。)

 「構造主義」というのは、現代思想の重要な山脈のひとつでありながら、難しい単語や言い回しが災いしてとっつきにくい概念でという印象がある。本書はその概念について「寝ながら」でも判るくらい平易に紹介しようというもの。著者が自慢するとおり、今まで読んだ現代思想の入門書の中では一番読み易かった。もっとも、哲学・思想に興味が無い人にはこれでも充分に読みにくいとは思うが。(笑)
 本書の最初は「構造主義」自体の概要説明に充てられていて、「構造主義」と呼ばれる思想に共通する特徴だとか、ソシュールに始まる成立の歴史なんかも説明されている。しかし何といっても詳しく取り上げられているのは「構造主義の四天王」こと、ミシェル・フーコー、ロラン・バルト、クロード・レヴィ=ストロース、ジャック・ラカンの4人について。この中で曲がりなりにも著作をまともに読んだことがあるのはレヴィ=ストロースくらいなもので、フーコーとラカンに関しては解説本を読んでいるだけ。バルトに至っては『表徴の帝国』1冊読んだきりでどんな人かも良く知らなかった。(面白かったけど。) 今までこの4人が「構造主義」という言葉で一括りにできることすら知らなかったのだから、いい加減なもんだ。(笑)
 フーコーやレヴィ=ストロースなどある程度は理解できている(と自分では思っている)思想家への記述から判断するに、内田サンは少なくとも構造主義に関しては完全に自家薬籠中のものにしてしまっているようだ。なので残りの2人についても内容は信用できそうだと判断、じっくり腰を据えて読むことにした。その結果、前に解説書を読んだ時良く分からなかったラカンについては、今回もやっぱり難しかったので、もともと解かりにくいんだということで納得。バルトについては手を付けあぐねていたのだけれど、「記号論を用いて世の中のありとあらゆることについて分析を加えた人」ということが判った。そのうち『エクリチュールの零度』でも読んでみよう。

 しかし本書のいちばんの収穫は、『街場のメディア論』(光文社新書)において、マスコミの無責任な言説を批判するくだりの元ネタが、多分ロラン・バルトだということが分かったことだろう。著者はバルトの功績として、独立した社会的集団においては個々の集団に固有な「エクリチュール(*)」が存在することを示した点を挙げている。さらにバルトはどの集団の「エクリチュール」とも特定しがたくなった語法が存在することを、「無徴候的なことばづかい」「覇権を握った言説」「客観的なことばづかい」という彼独特の言い回しを用いて指摘した。内田によれば、バルトはこの語法が「いちばん危険」と主張しているそうだが、これってそのまま『街場のメディア論』で内田が批判したマスコミの態度(=「国民は」とかいって自らの隠れ蓑にしつつ、安全な位置から糾弾する態度)に等しくはないだろうか?

   *…もとの意味は「文字」とか「書かれたモノ」という意味だが、思想用語としては
     人によって定義が違うし、J・デリダが話をむっちゃくちゃ難しくしてしまった。
     ひとことでは説明できないので説明は省略。お気らく読書人としては、何か知らんが
     そんな概念があるってくらいに考えておけばOK。

<追記>
 料理で喩えるなら、本書は色んな事象を切るための「道具」としての思想を紹介しているので、「素人向けのレシピ本」にあたるといえる。最初のうちは「こうすれば美味しい料理が作れるよ」といっていた著者は、やがてそれだけでは我慢できずに、とうとう自分で厨房にたって料理の腕をふるいたくなった。それが今の内田のベストセラー群なんじゃないかな? あとがきを読む限りでは、まだ本人は「素人料理ですから」といって謙遜しているようだが。
 ただ、いくら本人が自分で素人だと思っていても、自宅で振る舞う(=ブログ公開)だけでなく、金をとった(=書籍を出版した)時点で既に「プロ」であるはず。とすれば、そろそろ「プロ」としての腕前を存分に振るった仕事を見せてもらいたい気もする。それともガッツリ系は、もう既にハードカバーとかで出ているのかな?

<その後の追記>
 後日ふと立ち寄った本屋で「タツル・ペーパー」なる小冊子が置いてあるのを見つけた。内田樹の本を出版する担当編集者と書店員が共同で作成した紹介誌だ。さっそくもらってきて著作リストを確認したところ、内田樹の専門がエマニュエル・レヴィナスであることが判明! よりにもよってあんな難しい人を専門にしていたとは。レヴィナスが好きなのであれば、ハイデガーやサルトルあたりはむしろ天敵かもしれない。(笑) 大人になってから本格的に始めた合気道が、武道や身体論に関する著作のもとになっていることなど、「タツル・ペーパー」では他にも色々と疑問が氷解。専門分野も分かったことだし、今後は時間をかけてゆっくりと攻めていこうかな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

舞狂小鬼

Author:舞狂小鬼
サラリーマンオヤジです。本から雑誌、はては新聞・電車の広告まで、活字と名がつけば何でも読む活字中毒です。息をするように本を読んで、会話するように文を書きたい。

最新トラックバック
FC2カウンター
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR