2016年7月の読了本

『カエアンの聖衣〔新訳版〕』バリントン・J・ベイリー ハヤカワ文庫
 大学時代におおいにハマったSF作家B・J・ベイリーの目くるめく奇想小説。長らく入手困難な状態が続いていたが、ようやく大森望氏による新訳版が出て再読することが出来た。(とはいっても買ってからしばらく積んであったのだが。/苦笑)内容は「ワイドスクリーン・バロックの代表作」という名に恥じない奔放かつ奇怪な物語。謎が謎を呼ぶ服飾家ペデルのパートと、まるでガリヴァー旅行記のように異世界と著者お得意の疑似科学が炸裂する文明学者アマラのパートが交互に描かれ、やがて渾然となって驚くべきラストに収斂する。
 本書はベイリーの作品の中でも特に気に入っているもので、旧版は何度読んだかわからないほど。今回読み返してもやはり傑作の印象は揺るがなかった。ベイリー作品は、思弁小説の極北ともいえるスタニスワフ・レムとはまた違った意味で、SFのもつ醍醐味とわくわく感の一体という理想的な姿を体現しているのかも知れない。キャラクターの扱いは徹底してドライで、ただ物語の一要素としてのみ存在するので、普通の小説のような登場人物への感情移入を拒むところは、少し読みにくいと感じる人もいるかも知れないが、破天荒こそが魅力のワイドスクリーン・バロックにおいて、珍しく物語が破綻していない本書などは、ベイリー作品の中でもっとも人にお薦めしやすい一冊と言えるだろう。絶妙なバランスの上に成り立っているまさに奇跡のような作品だと思う。

『王女マメーリア』ロアルド・ダール ハヤカワ・ミステリ文庫
 物語の名手ダールによる大人のためのメルヘンを9作収録した日本オリジナル編集の一冊。全編に漂う毒とあっと驚く展開がダールの真骨頂。知らぬ間に中毒になっている恐ろしさがある。収録作はどれも良いが、特に好みなのは「ボティボル氏」「執事」「外科医」「王女マメーリア」あたりだろうか。

 ※先日、「7月が過ぎれば若干はおさまる」と書いたのだが、親の介護問題に直面して
   自由な時間をごりごりと削られている状態が続いている。他の私用も重なったため、
   7月に読めた本はわずか2冊(!)という体たらく。8月になっても状況は大して変わっ
   ていないため、これからはたしてどうなることやら。(ストレスで本を買うペースは
   むしろ加速しているので、読めない本が積まれる一方なのは困ったものである。)
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
プロフィール

舞狂小鬼

Author:舞狂小鬼
サラリーマンオヤジです。本から雑誌、はては新聞・電車の広告まで、活字と名がつけば何でも読む活字中毒です。息をするように本を読んで、会話するように文を書きたい。

最新トラックバック
FC2カウンター
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR