『アレント入門』中山元 ちくま新書

このところ国内外ともにキナ臭い状況が続いている。以前から「暴力」の意味について興味があったのだが、ハンナ・アレントにはまさに『暴力について』という著作があり、いちど読んでみようかと迷っていた。しかしアレントは全くの不案内。そのような著作を初めて手に取ろうとする場合、いきなり高いハードカバーでは外れた時のダメージが大きいので(笑)、まず概要をざっくり頭に入れることにした。ほんとうはこういった解説書ではなく本人の著作を直接読むのが一番なのはわかっているのだが、どこから手を付けて良いかすら判らない時はまず視座を頭に入れておきたいのだ。
前置きが長くなってしまったが、そんなわけで本書について。本書はハンナ・アレントの思想を著作の時系列、すなわち『全体主義の起源』『人間の条件』『イェルサレムのアイヒマン』、そして連続講義「道徳哲学のいくつかの問題」に沿って俯瞰していくものだ。ハイデガーとの関係やユダヤという彼女の出自から出発し、やがて到達し得た独自の道徳哲学を解説する。(本書を読んでみて、『暴力について』それより『人間の条件』や『責任と判断』といった辺りの著作を先に読んだ方がいい気がしてきた。)
中身についても軽くふれておこう。端的にいえばアレントは「なぜナチスに代表される全体主義が発生し」、そして「それを食い止めるには何をすれば良いのか」を考察した人といえる。そして彼女は人々が社会的に「孤立」の状態に置かれていることこそが全体主義の温床となると指摘し、対抗するには「公的な領域」を作り出す事と、その中で人々のまなざしの下に行動することが重要であると説いた。それが示されているのが冒頭に挙げた『全体主義の起源』および『人間の条件』というわけだ。
本書によれば、アレントは人間の行為を「労働」「仕事」「活動」の三つに分けて定義し直しているそうだ。最初の「労働(labor)」とは個人の生命維持に必要な行為であり、次の「仕事(work)」は世界に何らかの"作品"を残し人々の間に"世界"を構築する行為。そして最後の「活動(action)」は、人と人との間に交流を生み出す行為であるとのこと。全体主義に深く関わりがあるのは、これらの行為のうち最後の「活動」であり、具体的な事例としては古代ギリシアのポリスにおける「民会」が引き合いに出されている。
古代ギリシアにおいて民会すなわち「公の場」で発言するのは、自由な市民として他の市民を説得しようという意思の表れ。発言する者はその行為によって、自らがどんな存在なのか周囲に暴露する危険を引き受ける覚悟を持つ。また他者に意志を示すということは、すなわち他者から反論される危険性を引き受けることでもある。(インターネットのブログやSNSをみていると、現在は自分の主張はしても前述のような「危険」を引き受けようとはしない人もけっこう多い気がする。SNSはまるで私的空間のような親密さで見ず知らずの人とも気軽にコミュニケーションを取れるのは良いのだがまた一方で暴走の危険も孕む。自分の世界を大事にするのであれば、あえて他者の視線をもっと意識するべきなのかもしれない。)

閑話休題。しかしアレントによれば、そのようにして危険を冒しながらも公の場で発言することが、すなわち他者と異なるその人自身の「他者との差異性」を明らかにする方法に他ならない。そして先に述べたように、「公的な領域」を通じて人同士が交流することこそが、全体主義に絡め取られないために必要な行為なのだ。(*)

   *…ただ、アレントが「公的な領域」と「私的な領域」の区別を強調しすぎているような
      ところが、若干気にはなった。カレントが私的領域と呼ぶ家庭といえども、家族と
      いう自分以外の人間との関係性が生じるなら権力は発生するわけで、ある種の
      「公的空間」と呼んでも差し支えないのではなかろうか。そのうち積まれたままに
      なっている『人間の条件』を直接読んで確認してみたい。

次はアイヒマン裁判の傍聴記である『イェルサレムのアイヒマン』。この本で彼女はナチスの「良き歯車」であろうとしたアイヒマンの裁判を傍聴してレポートにしたためる。彼女はアイヒマンの「恐ろしいほどにノーマル」な印象が与える「悪の凡庸さ」に衝撃を受け、そして深い思索の末にアイヒマンに彼女なりの「死刑判決」を下すのだそうだ。
それは単にアイヒマンが非人道的な行為に加担したからでも、犠牲者があまりに多いからでもない。彼女が「死刑判決」を下したのは、彼が「この地球に誰が住み誰が住んではならないかを決定する権利を持つかのように」振る舞い、その行為を実行したからなのだという。そのような人物だからこそ、地球上で誰からも「ともに天を戴く」ことを望まれないであろう――ということこそがその理由なのだ。(このあたりのアレントの批判は問題の核心を突いている感じがする。)
自分が思うに、これは他国の人々や透析患者へ暴言を吐く人たちにも通じる批判であるまいか。そしてアレントが生涯を通して追究した「思考する力は人が悪を為すことを防ぐことができるのか、という問いは現代に生きる我々にこそ問われなければならないものではないかという気がする。ふうむ、重たいテーマだ。

<追記>
キリスト教徒やユダヤ教徒、そしてイスラム教徒といったいわゆる“啓典の民”にとっては、神の定めた戒めを破ることがすなわち罪になるのだろうと思う。いっぽうで自分も含め宗教に対して不信心な一般的日本人にとってはそうではない。我々にとって神の戒めの代わりになる価値観は、昔は「世間体」というものだったと思われる。しかし地域のコミュニティや大家族制が崩壊した今となっては、「世間体」なるものはほぼ死語に等しくなってしまった。そしてSNSでは代用となる価値観を提供するにはあまりに狭くまた弱い。結果、よく「ぶれる」のだ。
かつて「神が死んだ」時代に、それに代わるものを哲学で打ち立てようとしたのがニーチェだったと思うのだけれど、ポピュリズムと同様、全体主義の道具としていいように使われてしまった。哲学は困難な時代に人々の救済にとって強力な武器になると思うのだけど、色々な理由でそれが受け入れられない人はいる。遥かな昔それを支えていたのが信仰だったのだろう。だからこそ鎌倉の戦乱の世に、悟りを開くための修行をする力も時間もない衆生のため、法然や親鸞らが南無阿弥陀仏を唱えたのだ。
しかし信仰すら確固たるものを与えられない時代においては、カルト化もせず普遍的な救済を与えるのは大変な困難を伴う。してみると未来の哲学や社会学や政治学の使命は、信仰に代わるものを生み出すことなのかもしれない。そしてそうでなければ、本来の目的を果たすことが出来ないのではあるまいか―― とまあ、そんなことを考えてみたりもするのだ。
読まなきゃね、アレント。
スポンサーサイト

2017年2月の読了本


『山怪(弐)』田中康弘 山と渓谷社
日本全国の山林を取材するカメラマンが、あちこちで聞きかじった山人達の体験をそのままの形でまとめた実話系怪談の第二集。姿が見えぬもの達の来訪をはじめ、様々な怪異の様子が前作と同様の語り口でつづられる。正体が判らない方が恐ろしいのは、例えばロバート・エイクマンの『奥の部屋』の怪奇小説などと同じ。オチなし意味なしの怪異がただ素材のままゴロリと放り出されているのがいい。まるで怪異の活け造りだ。

『アレント入門』中山元 ちくま新書
ハンナ・アレントの思想を『全体主義の起源』『人間の条件』『イェルサレムのアイヒマン』、そして連続講義「道徳哲学のいくつかの問題」という著作に沿って俯瞰する入門書。ハイデガーとの関係やユダヤという彼女の出自から出発し、やがて到達し得た独自の道徳哲学を解説する。『人間の条件』や『責任と判断』といった著作も読んでみなければ。

『狂気の巡礼』ステファン・グラビンスキ 国書刊行会
『動きの悪魔』で本邦初紹介となった作家の第二作品集。超常的な戦慄に満ちた十四篇はいずれもレベルが高い。精神が現実世界に、あるいは死者が生者の思考に影響を及ぼす話が多いが、これもまた20世紀初頭という時代を感じさせて好い。全篇を通じて『動きの悪魔』よりも凄惨で狂気に満ちている気がして、どちらかといえば前作よりこちらの方が好みかもしれない。
中身については、例えば「薔薇の丘」では夢野久作『ドグラ・マグラ』やD・リンゼイ『憑かれた女』にも通じる感触があるし、「接線に沿って」では稲垣足穂のロバチェフスキー空間を思わせるような描写もある。また「海辺の別荘にて」や「灰色の部屋」といった短篇は、どことなくバラード〈ヴァーミリオン・サンズ〉の「ステラヴィスタの千の夢」あたりを思わせるし、「チェラヴァの問題」に至ってはスティーブンソン『ジキル博士とハイド氏』を連想したりと、大変バラエティに富んでいる。全体を通しての印象は、無意識や精神に関する怪奇譚が多いということだろうか。これは19世紀末から20世紀初頭という時代背景からして、フロイト心理学の影響が大きかったのかも知れないがよく分からない。かなり面白かったので、同じ著者の3作目が出ることをぜひ期待したい。

『ようこそ授賞式の夕べに』大崎梢 創元推理文庫
〈成風堂書店〉と〈出版社営業・井辻智紀〉の両シリーズが合流する贅沢な書店ミステリ。あちこち走り回る主人公たちがやがて「書店大賞」の授賞式で一堂に会して謎が解かれる。これはあれだ、ジョージ・R・R・マーティンらによる<ワイルド・カード>のシリーズと同じ「モザイク・ノベル」のスタイルだ。本屋大賞ならぬ「書店大賞」を扱った作品とあって、書店を巡る状況の厳しさやそれを打破しようと尽力する人々の姿がいつにも増して強く描かれていて、読んでいてとても気持ちがいい。毀誉褒貶相半ばする本屋大賞ではあるが、本書のような思いで関わっている人もいるのだろうねえ。このシリーズはキャラが魅力的だ。

『スタッキング可能』松田青子 河出文庫
現代日本の女性が感じているであろう怒りや焦燥や哀しみや、その他諸々の思いを絶妙な言語感覚でまとめ上げた不思議な短篇集。取り上げられている内容は、所謂ジェンダーと呼ばれるものではあるのだろうけど、抗う気持ちは女性も男性も同じようだ。女性が日々感じている気持ち悪さを知るためだけでも、男性は読むといいのではないか。(しかし気持ち悪さを与えている当の本人は、こういう本は一切読まないような気もするけど。)

『ピエール・パトラン先生』 岩波文庫
『パンタグリュエル』の訳者・渡辺一夫御大の手による中世フランスの笑劇。作者不詳だが創作年代は15世紀半ば、日本でいえば応仁の乱の時代にあたる。(一休禅師の『狂雲集』と同じころだ。)
話は単純で、素寒貧の代言人(弁護士)ピエール・パトランが、羅紗屋(服地屋)を相手に高級服地を騙し取り、まんまと逃げおおせるまでの顛末を描く。同じく中世のいたずら者ティル・オイレンシュピーゲルの説話と同じで、今とは違う価値観に基づいた哄笑が全編に響きわたっている。なんだか狂言みたいな感じもあって面白い。

『動物農場〔新訳版〕』ジョージ・オーウェル ハヤカワepi文庫
叛乱を起こして農場主を追放し、農場の自主経営を始めた豚や馬や犬といった動物たち。はじめは自由と希望に満ちていた彼等の暮らしは、やがて一匹の豚による独裁によって地獄へと変貌を遂げていく。たしか開高健が『1984年』よりも優れていると手放しで褒めていた作品で、テーマは重いが寓話なのですらすらと読める。一読すれば判るように本書のテーマは直接的には当時の共産主義批判なわけだが、内容としてはもっと普遍性を持っているといえる。スターリンを模した豚による権力の奪取の過程や、ある種のプロパガンダを利用した独裁制の描写は確かに過去のソビエト連邦や隣の半島の収容所国家を思わせるけれど、我々だって決して他人事ではない。愛国の名の下に暴力と恫喝で社会を私物化しようとする施政者にも通じるものではないだろうか。割と薄めの本だけれど、著者自身による序文や訳者の山形浩生氏の解説もついてお買い得だ。

『湯女図』佐藤康宏 ちくま学芸文庫
江戸の私娼である湯女たちを描いて重要文化財に指定される「湯女図」の構図を詳細に分析し、その視線の先にあるものを推測する。絵の崩れから原図からの写本であることを示唆したり、元絵の描き手の推定やそして絵に込められた意図まで内容は盛りだくさん。様々な参考資料を縦横無尽に飛び回り、読む者に知的興奮を呼ぶ。辻惟雄氏により提唱された「二曲屏風の左扇が残ったもの」が通説になっていたらしいが、本書では代わりに「四曲屏風の一部」であるという説を新たに示したりするところは、詳しい人にも結構刺激的な内容ではないかと思われる。また、江戸幕府の公娼たる吉原と市中の湯屋との確執から当時の風俗までを視野に入れ、女性の置かれていた社会的立場まで考察するなど、社会学の領域にまで踏み込んでいる。まさに副題「視線のドラマ」に相応しい、盛り沢山な内容だった。元々は平凡社の〈絵は語る〉のシリーズの一冊として二十年ほど前に出たものの文庫化だそうで、画像が小さくて見難いことだけが残念だが内容は今でも全く古びてはいない。いやあ、美術史って面白いなあ。

『おそれミミズク』オキシタケヒコ 講談社タイガ
”僕”は十年前の暗い座敷牢での少女との邂逅をきっかけにして、彼女に週に一度会いに行くことになった。ただこわい話を聞かせに行くために……。実話怪談かと思いきや、物語はやがて驚く展開を遂げて最後は綺麗に着地する。怪異に全て理屈がつくのは怪談というよりSFといえる。「実話怪談ホラーSF」だ。ラストもしっかりハッピー・エンドで読後感も悪くない。講談社タイガというレーベルの本を読んだのは本書が初めてだが、「講談社ノベルスの兄弟」という位置づけや表紙イラストのテイストからして、もしかしたらヤングアダルト向けのレーベルなのかな?こういう話が中高生の頃に読めたら良かったのだがなあ。

2017年1月の読了本

相変わらずの低空飛行だが何とか6冊読めた。(漫画版『夢十夜』も加えると7冊。)読了数は少ないが、好きな物だけ読んでいるので満足度はわりと高い。(ただし相変わらずのペースで本を買っているので、読めない本は溜まっていく一方だが。/苦笑)

『月光とアムネジア』牧野修 ハヤカワ文庫
架空の言葉と文化を持つ架空の国が舞台。かつて〈レーテ〉と呼ばれる異常空間での事故で重篤な認知障害に陥った元刑事が、伝説の殺人者「月光夜」を追って再び〈レーテ〉へと侵入する......。凄惨なシーンが強烈なバイオレンス幻想小説。暴力的な描写が苦手な方にはちとつらいかもしれないが、この著者の言葉の感覚はとても好きだ。

『月の裏側』クロード・レヴィ=ストロース 中央公論新社
訳者は人類学者の川田順造氏。副題に「日本文化への視角」とあるように、著者の文章から日本に関するものだけを集めたオリジナル編集。日本に関する講演録や序文といった小文を集めたもので、取り上げられるテーマは『日本書紀』や『源氏物語』、『因幡の白兎』の説話や琉球のノロ、そして仙厓和尚の水墨画など。内容は説話分析から旅行記や対談など幅広い。日本人に馴染みのあるものばかりなので入門書として良いかも。外国人であるが故の日本文化に対する勘違いや誤解も多く見られるが、それぞれ川田順造氏による訳注で丁寧にコメントされているのも親切だ。

『増補 モスクが語るイスラム史』羽田正 ちくま学芸文庫
東はイランから西はスペインまでを対象に、7〜18世紀の大モスクの様式を通じてイスラム世界の変遷を紹介した本。イスラムの歴史を建築で繙くのはこれまで知らなかった視点で大変に面白く読めた。新たに追加された補章も大変良い。22年前に中公新書から出て品切れとなったままの本を、こうして復刊してくれるのはとても有難い。(すぐに学芸文庫自体が品切れになってしまうのが難点だが。/笑)著者は本書について「もう古い本なので今更」と言いつつ新たに補章を追加してくれていて、その後出た関連本を紹介してくれているのも好感が持てる。しかしなかなかどうして、補章を除いても今読んで充分に面白い内容だと思う。

『怪書探訪』古書山たかし 東洋経済新報社
ミステリを中心に稀覯本や珍本を収集する著者による、自らが収集した古書にまつわるエピソードと、横田順彌氏の『日本SFこてん古典』を彷彿とさせるような語り口がとても愉しい珍本の紹介からなる古書エッセイ。著者の本職は上場企業の役員だそうで、結構なお金を古書蒐集につぎ込んでいる所謂「書痴」もしくは「書鬼」というタイプの人。元になった文章も実は東洋経済オンラインに連載したものなのだそう。なぜこんなお堅い出版社から出たのかと思っていたが腑に落ちた。
ポプラ社の少年探偵シリーズや南洋一郎版のルパンシリーズに、中島河太郎著『推理小説の読み方』など、著者が子供の頃に読んでいた本が結構自分とだぶっているので、もしかして著者は自分と同年代なのかもしれない。それと、豪雨の際にマンション上階のベランダから溢れた大量の汚水が著者の蔵書の上へしたたり落ちるくだりは、読んでいてとても心臓に悪かった。本好きにとってはちょっとしたホラー小説のようなものだ。

『夢十夜』夏目漱石/近藤ようこ 岩波書店
夏目漱石の小説『夢十夜』を近藤ようこ氏が漫画化したもの。文章で表現された世界を近藤氏のイマジネーションで絵にしていく。考え抜かれた構図も流石。自分のイメージと違うところもあるし、自分のイメージをはるかに超えるものもあって、ずっと眺めていても飽きない。なるほどこういう風に絵になるのかと、文章では正直あまり面白くなかった話もこうして見るとまた楽しく読める。
小説版『夢十夜』で好きなのは、百合の花の第一夜に子供を背負う第三夜、蛇使いの爺さんの第四夜に海をゆく大きな船の第七夜、そして豚に舐められる第十夜といったところだが、漫画版『夢十夜』では夜の侍の第ニ夜と床屋の第八夜もかなり好かった。これらの作品は映像化した方が断然好くなると思う。(それが近藤氏の画力によるものではあるのはもちろんだが。)

『夫のちんぽが入らない』こだま 扶桑社
今話題の本。衝撃的な題名もさることながら、中身もなかなかに重い。複雑な家庭関係に育った一人の女性がやがて小学校の教師となり、心と身体を病んで苦しみつつも夫との「平穏な」生活を掴むまでの壮絶な記で、以前読んだ卯月妙子氏の漫画『人間仮免中』を思い出した。これはすごい。

『ドラゴン・ヴォランの部屋』J・S・レ・ファニュ 創元推理文庫
表題作はまるで『三銃士』を思わせるような軽快で仕掛けに満ちた中篇で、無鉄砲で直情的(悪く言えばおバカ)な主人公がひとりの女性に振り回される。著者に当初期待していた怪奇譚ではなかったけれど、スリルがあってこれはこれで愉しかった。その他には初期と後期からそれぞれ二篇ずつ怪奇譚を収録しており、幽霊や妖精が跋扈する話も存分に愉しめる。自分はファウスト的な悪魔物や妖精郷の話が好きなので、収録作の中では「ロバート・アーダ卿の運命」と「ローラ・シルヴァー・ベル」が好みだが、「ティローン州のある名家の物語」に出てくる盲目の狂女もかなり怖いのでお奨め。

My Choice/2016年印象に残った本

 2016年は親の介護やら何やらで本が読めない時期が続き、結局98冊に終わった。100冊を切ったのは何年振りだろう。2017年は落ち着いて好きな本が読める年でありたい。では毎年恒例としているように、今年読んだ本の中から「印象に残った本」を挙げてみよう。今年は新刊を追いかけるだけで必死だったので既刊本があまり多くなかった。

<新刊部門> ―今年出版された本―
『ウィスキー&ジョーキンズ』 ロード・ダンセイニ 国書刊行会
 訳者の中野善夫氏がダンセイニ卿の代表作のひとつであるジョーキンズ・シリーズの中から選りすぐった傑作集。様々なタイプの物語が収録されているが、副題に「ダンセイニの幻想法螺話」とあるようにいずれも軽妙な語り口が魅力だ。個人的には「一族の友人」「ジョーキンズ、馬を走らせる」「奇妙な島」「夢の響き」など、幻想の薫りが立ち上るような作品が特に好き。

『家事の政治学』 柏木博 岩波現代文庫
 近代の歴史における家事労働の変遷を通じて、「家事労働の科学」であるところの家政学をミクロポリティックス(=家庭を国家の礎たる一単位として捉えなおすこと)の視点から考察した本。家事労働が一戸の家庭で完結するのでなく、その時代に即した社会構造やサービス商品として市場原理に組み込まれていく様子など、いままで考えたことも無い切り口が面白い。

『奥の部屋』ロバート・エイクマン ちくま文庫
 今木渉/編訳の怪奇小説集で、元本は国書刊行会から「魔法の本棚」の叢書の一冊として刊行されたもの。文庫化にあたり「何と冷たい小さな君の手よ」と「スタア来臨」が新たに追加されている。漠然とした不安を示すことでその先に待つ恐怖を暗示する不思議な作風が特長。どれも面白かったが、自分の趣味に最も合うのは「髪を束ねて」と表題作の「奥の部屋」あたりだろうか。「学友」と「恍惚」は自分の意志ではどうにもならない状況が本書の中でもかなり怖い。「名前がなければそれは正体が判らぬ恐ろしい怪物だが、名付けられた途端に一頭のライオンでしかなくなる」という言葉があるが、本書で描かれる怪異は、読む者の安易な解釈を拒み、まさしく名付けられる前のライオンにあたるだろう。その意味ではエイクマンの作品は怪奇小説として理想的なものなのかも知れない。

『神の聖なる天使たち』横山茂雄 研究社
 16世紀イギリスを代表する偉大な学者ジョン・ディーが晩年に没頭した精霊召喚と錬金術の足跡を辿り、天界との交信記録『精霊日誌』を軸に召喚術の実態を克明につづった本。著者は稲生平太郎の名で『何かが空を飛んでいる』というオカルト研究本の傑作もだしている人物で、こちらは本業の英文学研究の一環として、2009年より国立情報学研究所から助成金をもらって行った研究成果を本にしたもの。

『女の子は本当にピンクが好きなのか』堀越英美 Pヴァイン
 アメリカの女子向け玩具の変遷やプリキュア等のテレビアニメ、あるいは「ダサピンク」といったキーワードを通じて、世界と日本における女性の主体と社会性の問題に想いを馳せる本。テーマは重いが語り口はあくまで軽く、これまで知らなかったことが頭に入ってくるのがとても愉しい。ここでいうピンクとは女性を象徴する色であり性的役割区分を可視化したものと言ってよいのかもしれない。

『人形の文化史』 香川檀/編 水声社
 8名の論客による、人形を巡る様々な文化や思想を論じた文章を収めた本。人形の持つ象徴性のルーツや幻想文学における人形の持つ意味、そして第二次大戦(人が人形にされた時代)前後の芸術における人形など社会学や文化人類学的なアプローチによって書かれた文章はどれも読み応えがあって、四谷シモン氏など人形作家へのインタビューも付いていてかなりお買い得だ。ちょっと値段は張るが人形のもつ象徴性などに興味がある方にはお薦めだと思う。

『風狂 虎の巻』由良君美 青土社
 物故した英文学の泰斗の評論集が新装版となって33年ぶりに復刊された。射程範囲の広い著者ではあるが、本書はその中でも「風狂」をキーワードとして著者の古今東西の絵画・文学・詩歌についての文章をまとめたものとなっている。歯に衣着せぬ物言いがいつものことながら如何にも著者らしく痛快だ。なお本書では本業の英文学ばかりでなく著者の国文学への深い造詣もうかがわせる。幻想文学系の文章では日本のカルティズムについて語ったものも面白いが、なにしろ四篇に及ぶ夢野久作の作家論が圧巻といえるだろう。坂口安吾や三篇の大泉黒石に関する文章もまた面白い。

『はじめての短歌』穂村弘 河出文庫
 初めて読んだ短歌の初心者向け解説書。実例をもちいて、散文と違った論理で作られる短歌のポイントについてとても解りやすく説明してくれている。情報を減らし価値を日常から反転することが短歌としての価値を高めるという指摘は目から鱗だった。「生きる」、「役に立つ」よりは「役に立たない」を言葉にするための方法というのが素晴らしい。読んでみてふっと肩の力が抜けた。

『自生の夢』飛浩隆 河出書房新社
 〈廃園の天使〉シリーズの作者による過去10年に亘る精華を示す短篇集。

<既刊部門> ―古本・絶版とりまぜて今年自分が読んだ本―
『あめだま』田辺青蛙 青土社
 異形の者たちを語り手にした掌篇が詰まった作品集。ぬめぬめとした肌触りの異形の日常がぎっしりで、恐ろしくも美しかったり可笑しかったりして、稲垣足穂『一千一秒物語』の皮をくるりと裏返しにしたようなコント集になっている。身辺の話が多いが内田百閒とは違い不安で湿ったりせず、あっけらかんとしている。こういう感触の作品はありそうで無い。

『こちらあみ子』今村夏子著 ちくま文庫
 語られない者、あるいは見えないものが読む人のこころをえぐり声なき声で雄弁に語りかけてくる作品集。三島由紀夫賞を受賞した表題作と「ピクニック」の他、書下ろしの「チズさん」というの3つの短篇が収録されている。ただし問題は読者が耐えられるかどうかだ。読む人の強さを試される本ともいえるだろう。

2016年12月の読了本

 2016年最後の月はせっかくの連休を風邪で寝込んでしまったのだが、そのおかげで却って本を読むことが出来た。なかなか時間が取れないので、なるべく良い本を読みたいものであるね。

『あひる』今村夏子 書肆侃侃房
 三島由紀夫賞を受賞したデビュー作『こちらあみ子』(ちくま文庫)以来となる待望の作品集。文学ムック『たべるのがおそいvol.1』に掲載されたのち芥川賞候補となった表題作に、書下ろし短篇の「おばあちゃんの家」と「森の兄弟」が収録されている。不安に満ちた物語は背景が見えてくるにつれどんどん怖くなっていくが、最後に至ってふいに安定を取り戻すのが如何にも著者らしい。「再生」といったものとはまた違うのだろうが、不安定な暮らしが破綻の予兆を孕みつつそのままの姿で安定化する。とても興味深くて読むほどにやみつきになる物語だ。書下ろしの二篇も同じ世界を違う側面から描いていて面白かった。

『ゴッド・ガン』バリントン・J・ベイリー ハヤカワ文庫
 初期から晩年まで多彩な作風を味わえる日本オリジナル短篇集。表題作をはじめいかにも著者らしい作品もあるが、なかには「ロモー博士の島」や「ブレイン・レース」、「蟹は試してみなきゃいけない」といったかなりアクの強い作品も収録されている。ベイリーはこんな話も書くのかと驚きつつ愉しめた。奇想ばかりでなく悪趣味なところも彼の持ち味だったのを思い出した。
 とはいいつつ、もちろん「空間の海に帆をかける船」みたいなのも大好き。久しぶりに読んだのだが、記憶に違わずとんでもないデタラメぶり。つづく「死の船」も、よく分からない時間理論で読む者を煙に巻いてたいへん好かった。彼の奇想系の作品は、おかしな科学理論が素のままでゴロンと転がされている感じ。「地底戦艦〈インタースティス〉」なんて物語にすらなってないが、まさにこれこそが自分の好きなベイリーらしさなのだ。堪らないなあ。ふと思ったのだが、もしかしたらベイリーが時間テーマを好んで取り上げる理由は、誰も本当のところが解らないので好き勝手に書けるからだという気がしないでもない。(笑)「災厄の船」と「邪悪の種子」力作二篇もかなり気に入ったし、ほんと、楽しいという以外に言葉が無い。

『波瀾』塚本邦雄 花曜社
 歌集はこれまで縁がなかったのだが、ツイッターでお薦めされていた歌人の作品集が本屋にあったので読んでみた。詠われた内容が本当のことか創作なのかは作品を読んだだけでは判らないが、読み進むうちにひとりの人の存在が心の中に浮かび上がってくるようで面白い体験だった。会ったことも無い人と何度か言葉をかわすうち、徐々にその人となりが見えてくることころなどは、ツイッターにも似た感じがある。自分にとって短歌の親和性は高いようだ。印象に残った歌をいくつか挙げておこう。
 「夢想國師の戀歌一首舌の上(へ)にありて八方きらめく秋風」
 「死のかたちさまざまなればわれならば櫻桃を衣嚢(ポケット)に満たしめて」
 「夏終わるべし夜の水に沒しつつある形代(かたしろ)のするどき肩」
 「今生のよろこびの萬分の一浴槽(ゆぶね)の菖蒲向腿(むかもも)を刺す」

『自生の夢』飛浩隆 河出書房新社
 〈廃園の天使〉シリーズや短篇集『象られた力』など寡作ではあるがことごとくが傑作ばかりの作者による、過去10年に亘る精華を示す。ウィリアム・ギブスン(『ニューロマンサー』等)とはまた違った形の、電子空間を舞台としたイマジネーション豊かな物語が披露され、残酷ではあるが美しいその描写は、一種独特の魅力に満ちている。収録された短篇は発表年代も内容もさまざまだが、あえて共通するキーワードを探すとすれば「メタモルフォーゼ」と「侵食」といったところだろうか。著者自身があとがきで述べているところによれば表題作「自生の夢」は水見陵氏の連作〈マインド・イーター・シリーズ〉の代表作「野生の夢」に触発されたとのことで、本作をはじめとして夢や詩想/思想の極限まで踏み込んだアリス・ウォンを巡る連作はどれも美しい。星雲賞受賞の「海の指」は諸星大二郎氏の作品にも似たカタルシスでもちろん素晴らしいのだが、自分としては最初に著者に惚れ込むきっかけとなった『グラン・ヴァカンス』にもつながるこの〈忌字禍(イマジカ)〉の作品群が嬉しかった。仮想空間で繰り広げられる、冷たく渇いた鉱石のような幻想こそが、まさに著者の真骨頂であったのだ。

『シャボテン幻想』龍膽寺雄 ちくま文庫
 サボテンなど多肉植物を愛する著者が語る様々なその生態と魅力。人類と同じ頃に生まれたとされる植物の不思議が面白い。原著は1974年に出たとのことで「感情を動かす植物(?)」の章などはいささか古めかしい感じも否めないが、砂漠で自ら空気から水を作る『黒王丸』や体を地下に隠して透明なレンズ状の天窓だけを地表に出すメセン類といった、奇妙な生態をもつサボテンの話を読んでいるとわくわくしてくる。南米で珍重されたという幻覚を引き起こす魔性の植物 「Lophophora wilgamsii(『烏羽玉』)」とスペイン人のコルテスに滅ぼされたアステカの章も面白くて、なんとなく『第三の魔弾』を連想した。生えている場所を徐々に移していくサボテンというのもあり、「匐(は)いまわる悪魔」や「跳ねまわるシャボテン」とも呼ばれているらしい。実は著者のサボテン愛好は文壇における自らの不遇を、曠野で孤独に生えるサボテンに重ねているようなところもあるようなのだが、語り口はあくまでもマイルドだ。

『妻が椎茸だったころ』中島京子 講談社文庫
 泉鏡花文学賞受賞作。捉えどころのない不思議な感じのする話が5篇収録されている。筒井康隆で言えば「遠い座敷」や「ヨッパ谷への降下」のようなタイプの話だが、あれほどこわくも激しくもなく、起伏に富んでいるわけでもない。淡々と進んでいく話がとても心地よい。個人的な好みは表題作や「ハクビシンを飼う」あたりかな。

『メフィストの漫画』喜国雅彦×国樹由香 講談社文庫
 ミステリ専門誌メフィストで連載された本格ミステリのパロディ漫画「ミステリに至る病」と、ミステリ作家のお宅のペット訪問記「あにまる探偵団」を中心に、90年代後半の熱い本格ミステリの空気が蘇る作品集。こういう雰囲気は好きだ。同じコンビによる『本格力』も買ってあるのでそのうち読まなければ。

『角砂糖の日』山尾悠子 LIBRARIE6
 幻想小説家による短歌集が待望の復刊をとげた。一読すると著者の散文作品に共通する幻想の薫りが立ち昇る。硬質な筆致がとても自分好み。
 「昏れゆく市街(まち)に鷹を放てば紅玉の夜の果てまで水脈(みを)たちのぼれ」
 「曠野の地平をさびしき巨人のゆくを視つ影うすきかな夕星(ゆふづつ)透かし」

『チーズの科学』齋藤忠夫 講談社ブルーバックス
 原料である牛などの乳から加工と熟成を経て完成する様々なチーズについて、その種類や組成、機能を化学反応の視点で解説した文字通りの「チーズの科学」の本。乳酸菌やカビ菌の働きはもちろん、成分のカゼインが生むチーズ独特の性質など知っているようで知らないことは多い。読んでいるうちにチーズが無性に食べたくなるのが難。

『迷宮1000』ヤン・ヴァイス 創元推理文庫
 千階建ての巨大な館に君臨する全知全能の支配者オヒスファー・ミューラー。彼に敢然と立ち向かい失踪したタマーラ姫を助けんと館に赴くは、驚異の姿なき探偵ピーター・ブローク。マーヴィン・ピークのゴーメンガースト城か『神曲』の地獄巡りを思わせるようなノンストップ小説が久々に復刊された。学生時代から久方ぶりの再読だったのだが、以前よりもかなり楽しめた気がする。当時は唖然としてしまったラストも今回はさほど唐突には感じなかったし。(その後、久生十蘭などで“修行”を積んだからだろうか。/笑)

『みちのくの人形たち』深沢七郎 中公文庫
 著者の後期の代表作となる、谷崎潤一郎賞を受賞した短篇集。この人の話はどれも生が死の陰画として描かれているところがあって、巧く心に嵌ると底知れぬ凄味が味わえる。作品はどれも粒よりで、収録された七篇のうち甲乙つけがたいのが五つ。作品集としては『楢山節考』よりも上ではないだろうか。(特に気に入ったのは表題作の「みちのくの人形たち」に「秘戯」、そして「『破れ草子』に拠るレポート」に「和人のユーカラ」と「いろひめの水」。)「和人のユーカラ」では開高健の「渚にて」に出てきた自由人を思い出した。飄々として尚且つ昏い。ところで表紙がやけに味のものだったので、よくよくみたら谷中安規の版画が使われていた。まさに作品に合ったカバー画で、これもまた気に入った。とても良い作品集だった。

『椰子・椰子』川上弘美/山口マオ 新潮文庫
 川上弘美氏が自身のみた夢を書き綴った文章に、山口マオ氏が不思議な感じのする挿絵を付けた作品集。解説で南伸坊氏も書いているが、内田百閒にも似た感じがある。(内田百閒から不気味さだけを抜いたような感じか。)どことなく漂うとぼけた味わいは、著者の他の幻想系作品に共通するものこも知れない。

『妄想と強迫』エドゥアール・デュジャルダン 彩流社
 19世紀フランスを舞台にした十三篇の心理小説のショーケース。副題に「フランス世紀末短編集」とあるから、どんなにか頽廃的な内容かと思ったが、そんなでもない。神秘的なものから犯罪的なものまで、様々に揺れ動く世紀末の人々の心理が示される。思ったより幻想色は強くなかった。ブラックウッド的な「ダーラナ」や「降霊術者」、ルヴェルのような「子への恐怖」、そしてホフマンにも似た「鉄の処女」にポーを思わせる「遺言」まで。読者に信仰と科学の選択を突きつけ書中の最高作と思しき「地獄」も含め、なるほどこれが世紀末ヨーロッパかと思わせて面白い。19世紀のフランスに暮らす人々の妄念は、そのまま今の我々の喜びや悲しみにもつながるものなのだ。
最新記事
カテゴリ
プロフィール

Author:舞狂小鬼
サラリーマンオヤジです。本から雑誌、はては新聞・電車の広告まで、活字と名がつけば何でも読む活字中毒です。息をするように本を読んで、会話するように文を書きたい。

最新トラックバック
FC2カウンター
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR